ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 水道 > お知らせ > 水道管の凍結にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2017年1月10日

水道管の凍結にご注意ください!

寒い日が続くと、水道管や蛇口が凍結しやすくなります。特に気温がマイナス4℃以下になると凍結による水道管の破損事故が多くなります。旅行や出張で長期間、水道を使わない時にも注意が必要です。

水道管にも冬支度をして寒さから守りましょう。

凍結を防ぐには? 

保温材

〇水道管は寒さが苦手!

むき出しになっている水道管には、保温材や凍結防止帯などを巻いて保温しましょう。

天気予報に注意し、早目に凍結防止帯の電源を入れてください。 

〇メーターボックスにも防寒を!

布や発泡スチロールを入れたビニール袋などをメーターボックス内に入れます。

メーターボックス

その場合には、必ずメーターが見えるようにしてください。

〇不凍栓(水抜栓)の開閉は完全に!

蛇口が開いている状態で、不凍栓をしっかり閉めてください。

特に旅行や出張等で長期間不在にする時は、必ず不凍栓を閉めて水抜きを行ってください。

 もし凍結してしまったら

〇水道が凍って出ないとき

蛇口をいっぱいに開けます。蛇口にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて温めてください。

熱湯をかけてしまうと、蛇口や水道管を痛めるだけでなく、やけどなど思わぬケガのもとになりますので厳禁です。

 ぬるま湯をゆっくりと

〇水道管が破裂したとき

①止水栓(元栓)を閉めてください。

②水が止まらないときは、破裂した箇所にテープか布をしっかり巻き、県営水道修繕センター又は県営水道指定給水装置工事事業者へ修理の依頼をしてください。

※宅地内における修繕代金は、お客様のご負担となります。

止水栓を閉める 

凍結や漏水時のご連絡先

県営水道修繕センター(外部サイト) フリーダイヤル:0120-813-283 長野市篠ノ井布施高田1018-10

県の指定を受けた事業者(県営水道指定給水装置工事事業者)

までご連絡ください。

お問い合わせ

企業局

電話番号:026-235-7381

ファックス:026-235-7388

水道事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?