ホーム > 仕事・産業・観光 > 観光 > 山岳情報 > ヘルメット着用奨励山域

ここから本文です。

更新日:2017年6月3日

山岳ヘルメット着用奨励山域について

長野県山岳遭難防止対策協会では、平成25年に「山岳ヘルメット着用奨励山域」を指定しました。

1 趣旨

 県内の山岳遭難は、遭難件数が平成25年まで4年連続過去最高を記録するなど、極めて憂慮すべき事態となっている。
 平成24年の夏山シーズンでは、遭難者の4人に1人は頭部を負傷しているが、一方、滑落した登山者がヘルメットを着用していたため、命を取り留めた事例もある。
 そこで、滑落、転落、転倒の多い山域を「山岳ヘルメット着用奨励山域」に指定し、登山時のヘルメット着用を呼びかけるとともに、所有していない登山者のためのレンタル環境を整備し、ヘルメットの着用を推進することで「自分の命は自分で守る」という意識の普及を図る。

2 着用奨励山域について

 ◇過去の遭難事故例及び山岳の形状を考慮し、安全への配慮が特に必要となる次の山域とする。

山 域 名

指 定 す る 山 域

北アルプス南部

槍・穂高連峰のうち、北穂高岳から涸沢岳・屏風岩、前穂高岳(北尾根から吊尾根)一帯、西穂高岳から奥穂高岳、北穂高岳から南岳(大キレット)、北鎌尾根・東鎌尾根の区域

北アルプス北部

不帰の嶮周辺、八峰キレット周辺

南アルプス

甲斐駒ケ岳、鋸岳

中央アルプス

宝剣岳

戸隠連峰

戸隠山、西岳

 ※ただし、他の山域においてヘルメットが不要という主旨ではない。

3 ヘルメットのレンタルについて

 登山用品メーカーやNPO法人から寄贈された山岳ヘルメットを活用し、次の山小屋等に配置し、有償でレンタルする。(H26.8現在)

山 域 名

ヘルメット配置箇所

個 数

北アルプス南部

涸沢ヒュッテ、涸沢小屋、槍ヶ岳山荘、西穂山荘

130

北アルプス北部

天狗山荘、唐松岳頂上山荘、キレット小屋、冷池山荘

50

南アルプス

北沢峠こもれび山荘、長衛小屋

10

中央アルプス

宝剣山荘

20

戸隠連峰

小鳥の森(中社)(戸隠登山ガイド組合事務局)

20

 〇開始:平成25年7月11日   〇終期:平成28年6月まで3年間

資料:山岳ヘルメット着用奨励山域について(PDF:181KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7251

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?