ホーム > 健康・福祉 > 福祉一般 > 福祉サービス第三者評価 > 福祉サービス第三者評価について

ここから本文です。

更新日:2016年6月7日

福祉サービス第三者評価について

福祉サービス第三者評価とは

福祉サービス事業者の提供する福祉サービスの質を、公正・中立な第三者機関が、専門的かつ客観的な立場から評価する事業です。

個々の事業者が事業運営における問題点を把握し、サービスの質の向上に結びつけること、また、評価結果が公表されることにより、利用者の適切なサービス選択に資するための情報となることを目的としています。

評価調査員とは

 長野県が認証する第三者評価機関に所属し、長野県の評価基準に従って長野県内の福祉施設(高齢、障害、保育等)の評価を実施します。

評価調査員になるためには

 調査評価者として活動するためには、社会福祉法人全国社会福祉協議会又は長野県が実施する評価調査者養成研修を修了し、第三者評価調査者名簿に登載されていることが必要です。

 第三者評価調査者名簿に登載されるためには、評価調査者養成研修の修了証の発行から1月以内に主たる所属評価機関から届け出されることが必要となります。

 また、評価業務を継続的に実施するため、長野県が行う継続研修を受講することが必要です。

《参考》

 社会福祉法人全国社会福祉協議会 福祉サービス第三者評価事業ホームページ

 

仕組み

評価機関を見る

評価結果を見る

評価基準を見る

長野県福祉サービス第三者評価推進委員会について

関連規程

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉課

電話番号:026-235-7127

ファックス:026-235-7172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?