ホーム > 健康・福祉 > 福祉一般 > 福祉サービス第三者評価 > 地域密着型サービス外部評価について

ここから本文です。

更新日:2017年5月29日

地域密着型サービス外部評価について

地域密着型サービス外部評価とは

事業者が自ら提供するサービスの質を評価する「自己評価」と、評価機関が実施する「外部評価」によって成り立っています。

評価機関による外部評価の結果と、外部評価を受ける前に行った自己評価の結果を対比して、両者の相違点について考察した上で、総括的な評価を行うことにより、サービスの質の評価の客観性を高め、サービスの質の改善を図ることをねらいとしています。

認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)を対象とし、地域密着型サービス外部評価の実施をもって、福祉サービス第三者評価を実施したものとみなします。

評価機関を見る

評価結果を見る

 小規模多機能型居宅介護事業所の外部評価情報の提供については、平成28年3月末をもって福祉保健医療情報ネットワークシステムでのサービスが終了しましたので、御留意ください。

(認知症対応型共同生活介護事業所については、これまでどおり提供されます。)

関連規程

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉課

電話番号:026-235-7127

ファックス:026-235-7172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?