ホーム > 長野県農業大学校

農業大学校

しあわせ信州

ここから本文です。

 

長野県農業大学校は、大正2年(1913年)の創立以来、卒業生は約1万人におよび、県内外に優れた人材を輩出してきた歴史と伝統を誇ります。

農業に関する理論と実技を同時に学ぶ実践型教育により、農業技術の高度化や経営の専門化に対応でき得る農業・農村をけん引する人材を育成しています。

「ほっとスタッフブログながの」への掲載もしています

長野地域の魅力を発信するブログ「ほっとスタッフブログながの(外部サイト)」に農業大学校も記事を掲載しています。

カテゴリーは「農業大学校」です。

本ホームページとあわせてご覧ください。

農大さくら便り

農業大学校には500本を超す桜の木が植えられていて、盛りには、校舎全体が桜に覆われたように見えます。

このコーナーでは、そんな農大の桜の開花状況をお知らせします。

(4月16日)

日々、開花する桜が増えています。もう、十分楽しめます。

全体16日

 

駐車場から校舎を望んで。                   昨年建立された創立100周年記念碑と桜。

駐車場から100周年記念碑

 

(4月15日)

今朝の農大全体の様子です。種類や日当たりなどの関係で、満開の桜もあれば、これからのものもあります。

全体の様子

 

 

昨日と同じ場所ですが、1日でだいぶ様子が違います。    夕暮れの農大玄関です。(14日)

 

玄関前から15日夕暮れ

 

(4月14日)

 

正面玄関前の桜です。三分咲きと言ったところでしょうか。

玄関前から玄関前2

 

(4月11日)

今日もよく晴れて、桜の向こうに山々が望めます。来週には見ごろを迎えると思います。

11日211日1

 

(4月10日)

ほぼ満開の木も出てきましたが、全体としてはこれからです。

専攻棟の桜2専攻棟の桜

 

 

 

農業大学校正面