ホーム > 県政情報・統計 > 情報公開 > 情報公開制度・手続 > 長野県の情報提供 > 公職にある者からの働き掛けについて

ここから本文です。

更新日:2017年7月4日

公職にある者からの働き掛けについて

公職にある者等からの働き掛けについて

野県では、より一層の透明性を確保するとともに、職員の職務の公正を期すため、「公職にある者等からの働き掛けに関する取扱要領」を定め、知事の事務部局に所属する職員がその職務に関し、外部から働き掛けを受けた場合、その働き掛けを記録し、このホームページで、件数と概要を公表しています。

た、本要領により作成された記録票は、長野県情報公開条例の規定に従い、公文書公開請求の対象となります。

 

働き掛けの件数(平成29年3月31日現在)

相手方

28年度

国会議員、県議会議員又は市町村議会議員(元議員を含む)

-

国会議員、県議会議員、市町村議会議員又は市町村長を支援する政治団体の役員

-

国家公務員(退職者を含む)

-

長野県内の市町村の首長等(退職者を含む)

-

長野県外の地方公共団体の首長等(退職者を含む)

-

長野県職員を退職した者

-

長野県職員が役員として派遣されている団体又は「長野県退職職員の再就職に関する取扱要綱」の別表に掲げる団体の役員

-

知事の親族又は支援する政治団体の役員

-

合計

0

※1

成19年度から、「公開の場でなされたもの」に加え「通常の対応が可能であるもの(公開の場でなされたものと同趣旨であるもの、文書をもって行われる地域団体等からの陳情等に市町村長、議員等が同席するもので通例のもの、軽微なものなど)」は働き掛けには該当しないこととしました。

※2

成27年度以前については、下記「公職にある者からの働き掛けの概要」をご覧ください。

公職にある者からの働き掛けの概要

公職にある者等からの働き掛けに関する取扱要領(平成27年4月1日改正施行)(PDF:56KB)

知事の事務部局以外の部局に所属する職員に対する働き掛け

  • 企業局(リンク)
  • 教育委員会(リンク)
▲このページのトップへ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部情報公開・法務課

電話番号:026-235-7059

ファックス:026-235-7370

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?