ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

平成28年度当初予算案の概要(企画振興部)

1. 予算総額

(単位:千円、%)

会計名 28年度要求額
(A)
27年度当初予算額
(B)
差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)
一般会計

10,112,405

9,089,059

1,023,346

111.3 

市町村振興資金
貸付金特別会計

254,593 

289,487

△ 34,894

87.9 

 

 

(一般会計課別内訳)

(単位:千円、%)

課    名

28年度要求額
(A)

27年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

総合政策課

1,944,783

1,920,562

24,221

101.3

情報政策課

 1,629,086 

2,151,097

△ 522,011

75.7 

広報県民課

    157,292

147,910

9,382

106.3

交通政策課

1,030,065 

1,021,307

8,758

100.9 

市町村課

2,209,389 

1,796,662

412,727

123.0 

地域振興課

3,141,790 

2,051,521

1,090,269

153.1 

 

2. 予算案のポイント

人口減少への歯止めと人口減少を踏まえた地域社会の維持・活性化に向け、
しあわせ信州創造プランを深化・展開していきます。

 人生を楽しむことができる多様な働き方・暮らし方の創造、大都市・海外との未来志向の連携

  •   県内への移住・交流の促進を図るため、ホームページの充実による戦略的な情報発信や21世紀にふさわしいライフスタイルを信州から発信する国際会議の開催、長野県の地理的条件を活かした二地域居住の推進などに、民間企業、市町村、関係部局と連携して取り組みます。

 活力と循環の信州経済の創出

  •  登山の安全対策を推進するため、観光部及び林務部と連携して登山者の位置情報を提供するシステムの整備を支援します。
  •  信州まつもと空港の利用拡大を図るため、空港アクセスの充実、路線のPR、チャーター便の誘致等に、関係団体と連携して取り組みます。

 信州創生を担う人材の確保・育成

  •  未来を担う若者にICT利活用の素養と感性を身につける機会を提供するため、教育委員会、経済団体、民間事業者等と連携してアプリコンテストを開催します。

 賑わいのある快適な健康長寿のまち・むらづくり

  •  暮らしの安心と地域の活力を確保するため、交流機能や窓口機能等を有する地域の拠点づくりを支援し、住民が主体となる「小さな拠点」を活かしたまち・むらづくりを市町村と連携して取り組みます。
  •  元気ある地域づくりの促進を図るため、地域づくり人材の育成に取り組むとともに、市町村と住民が一体となって行う地域の存続に向けた取組への支援や、市町村や公共的団体が住民とともに、自主的、主体的に取り組むモデル的で発展性のある事業に対して支援金を交付します。
  •  地域の足を確保するため、地域鉄道の安全性向上やバリアフリーのための設備整備への助成、幹線バス路線の維持に対する助成を行うほか、地域交通の最適化に取り組む市町村を支援します。

           

※国の補正予算による「地方創生加速化交付金」を活用した事業については、事業費の全部(又は一部)を平成27年度2月補正予算 (国補正対応分)案に計上しました。

3. 事業体系(PDF:82KB)

4. 主要事業一覧(PDF:123KB)

5. 平成28年2月県議会定例会における企画振興部長議案説明要旨(PDF:149KB)

6. 事業改善シート

  ・平成27年度2月補正(国補正対応分)の事業改善シートはこちらへ

  ・平成28年度当初予算要求概要はこちらへ 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

電話番号:026-235-7013

ファックス:026-235-7471

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?