ホーム > 県政情報・統計 > 施策・計画 > 「しあわせ信州創造プラン2.0~学びと自治の力で拓く新時代~」について

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

しあわせ信州創造プラン2.0

はじめに

title-2

hyoushi

たちが生きる現代社会は、第4次産業革命と呼ばれる技術革新や人口減少が進み、大きく変化してきています。

この計画は、そうした変化を的確に捉え、今後の県づくりの方向性を明らかにし、県民の皆様と共有しながら夢や希望の実現に取り組んでいくために策定した、県政運営の基本となる総合計画です。

おおむね2030年の長野県の将来像を展望し、これを実現するための2018年度から5年間の取組をまとめました。

概要版、計画書のダウンロード

プラン2.0の概要

基本目標

基本目標の「確かな暮らしが営まれる美しい信州~学びと自治の力で拓く新時代~」には、以下の意味がこめられています。

kihonmokuhyou1

基本方針

本目標を達成するため、今後5年間で取り組む6つの基本方針を定めました。

kihonhoushin

重点目標

基本目標を達成するため、次の8つの重点目標を設定します。

zyutenmokuhyou

各種数値の最新の数値は「統計ステーションながの」(外部サイト)をご覧ください。

しあわせ信州創造プラン2.0の特色

ポイント1『学びと自治の力』を政策推進のエンジンに

  • 地域に根付く学びの風土と自主自立の県民性を再認識し、その力を最大限に発揮

ポイント2中長期的な視点で未来に向けて挑戦する『6つのチャレンジプロジェクト』

  • 2030年の長野県のあるべき姿を想定し、そこから振り返って、今、取り組むべき政策の方向性を提示
  • 作って終わりの計画にしないために、実行しながら考え、深化させていく成長型のプロジェクト

ポイント3地域重視の観点から『地域計画』を一層充実

  • 10の広域圏ごとの地域計画を従来以上に充実
  • 圏域や県境を越えて連携する取組も盛り込み、独自性を発揮した特色あるものへ

ポイント4『SDGs』など世界的な課題を意識

  • 経済、社会、環境の3側面の課題に統合的に取り組み、誰一人取り残さない社会の実現へ

ポイント5『信州創生戦略』を統合・継承し、人口減少対策に真正面から取り組む

  • 長野県の地方創生総合戦略である信州創生戦略を統合
  • 人口減少社会の対応に重点的に取り組んでいく計画へ

ポイント6学ぶ県組織への転換

  • 取り巻く環境が急速に変化する中でも適応できる組織とするため、職員一人ひとりが様々な組織や分野の枠を越えて知見や力を結集し、政策に反映できる「学ぶ組織」へ転換

関連する個別計画

しあわせ信州創造プラン2.0に関連する個別計画の一覧を掲載しています。

計画の策定過程

計画の策定過程について掲載しています。

参考ページ

長野県総合5か年計画2013~しあわせ信州創造プラン~計画期間:平成25~29年度

長野県中期総合計画計画期間:平成20~24年度

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

電話番号:026-235-7013

ファックス:026-235-7471

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?