ホーム > 長野県環境保全研究所 > 組織概要 > 環境保全研究所の設置目的及び沿革

環境保全研究所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2013年8月15日

環境保全研究所の設置目的及び沿革

設置目的

長野県環境保全研究所は、環境の保全及び保健衛生の向上に寄与することを目的として、環境及び保健衛生に関する試験検査、調査研究、情報の収集及び提供並びに普及啓発を行うところとする。

沿革

平成16年4月1日に旧長野県衛生公害研究所と旧長野県自然保護研究所が統合し、長野県環境保全研究所となった。

旧長野県衛生公害研究所

  • 昭和23年8月9日 長野市南長野に長野県衛生研究所が設置された。
  • 昭和43年3月31日 長野市安茂里(現安茂里庁舎所在地)の新庁舎に移転した。
  • 昭和43年7月18日 新庁舎内に長野県公害センターが併設された
  • 昭和45年11月1日 衛生研究所と公害センターを合併し長野県衛生公害研究所として発足した。

旧長野県自然保護研究所

  • 平成8年4月1日 長野市に長野県自然保護研究所が設置された。

お問い合わせ

環境保全研究所 

電話番号:026-227-0354

ファックス:026-224-3415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?