ホーム > 長野県環境保全研究所 > 施設概要 > 飯綱庁舎 > 長野県環境保全研究所 植物標本庫(NAC)

環境保全研究所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年1月1日

長野県環境保全研究所植物標本庫(NAC)

設立経緯

 当研究所飯綱庁舎の植物標本庫は、1996年度の研究所発足と同時に設立されました。

 主に、藤原陸夫コレクション約11万点、峯村まさコレクション約3万点がもととなり、本格的な運用が始まりました。2001年度に国際植物分類学連合が管理する“Index Herbariorum”に国際略号NACとして登録され、国際的にも認知される基盤ができました。

設備

 標本庫の面積は約115平方メートルで、庫内の温度や湿度を一定の範囲に保つため空気調節装置と除湿機が備えられています。

 維管束植物標本収蔵用のキャビネット数は100個で、各キャビネットはスチール製、手動による可動式、4個ずつ25列に配列されています。キャビネット1個の高さは約2m、幅は約1m、内部は3列、12段に仕切られており、キャビネット1個の内枠数は36個です。1個の枠に、さく葉標本を50~60シートが収納でき、全体で約20万点の収納が可能です。

 ミズゴケ属植物標本収蔵用のキャビネット数は9個です。上記のものより小型のスチール製、約2万点の収納が可能です。

イメージ 維管束植物標本収蔵用キャビネット

イメージ ミズゴケ属植物標本収蔵用キャビネット

標本庫の特色

維管束植物(シダ植物と種子植物)

 約18万1千点約4,550種が収蔵されています(2016年12月7日現在)。産地は日本全域、特に東日本が多いです。国外では少数ですが、ヨーロッパ、ロシア、中国、マレーシア、インドネシア、ハワイ、チリなどがあります。特に収蔵種数が多い分類群としてオシダ属47種、ヤナギ属38種、カエデ属27種、サクラ属34種、アザミ属44種、ササ類28種、スゲ属213種があります(亜種、変種含む)。

ミズゴケ類

松田行雄氏が寄贈した約16,000点42種2亜種の標本が収蔵されています。 産地は日本全国、特に長野県産が多く、北欧、ネパール、インドネシアなどの国外産も含まれます。ミズゴケ類標本コレクションとしては、日本国内では有数であるといえます。

主な寄贈者、寄贈数

  • 藤原陸夫氏 約11万点
  • 峯村まさ氏 約3万点
  • 松田行雄氏 約1万6千点 ミズゴケ標本
  • 永井茂冨氏 約7000枚
  • 伊藤静夫氏 約3000枚
  • 横内文人氏 約2000枚
  • 花里弘氏 約1300枚
  • 松村久氏 約200枚

収蔵タイプ標本

 タイプ標本とは、新種などが発表される時につけられる学名の証拠となる標本を言います。世界でただ一つだけの標本がタイプとして指定され、公共の標本庫に永続的に保管することが決められています。非常に貴重な標本です。
本植物標本庫では、現在までに以下の10種20点のタイプ標本が収蔵されています。

 

  1. アズミノナライシダ(holotype) Arachniodes azuminoensis Fujiw., Y.Matsuda, Yu.Abe et Otsuka
  2. ホソバハクモウイノデ(holotype) Deparia×togakushiensis Otsuka et Fujiw.
  3. ホソバハクモウイノデ(isotype)
  4. アズミホソイノデ(isotype) Polystichum × sarukurense Seriz.
  5. コシノサトメシダ(isotype) Athyrium neglectum Seriz  
  6. フイリザゼンソウ(holotype) Symplocarpus foetidus Salisb. ex W.P.C.Barton var. latissimus H.Hara f. variegatus Otsuka 
  7. ナベクラザゼンソウ(isotype) Symplocarpus nabekuraensis Otsuka et K.Inoue 
  8. アニアイスゲ(サドスゲ×タヌキラン)(Isotype) Carex × aniaiensis Fujiwara et Y.Matsuda
  9. モリヨシスゲ(isotype) Carex x moriyoshiensis Fujiw. et Y.Matsuda 
  10. カズノスゲ(isotype) Carex x akitaensis Fujiw. 
  11. オガタチイチゴツナギ(isotype) Poa ogamontana Mochizuki

標本作成・配架ボランティア募集中!

 標本庫の運営にはボランティアさんのご協力が不可欠です。作業内容は、押し葉の台紙への貼り付けることや標本庫への配架を主に行います。植物に興味のある方、標本作成に興味のある方大歓迎です。

  • 日時: 毎週火曜日9時~16時までの間。1,2時間でも構いません
  • 連絡先(ボランティア参加希望、閲覧希望): 長野県環境保全研究所飯綱庁舎

〒381-0075 長野市北郷2054-120

TEL:026-239-1031、FAX:026-239-2929e-mail: kanken-shizen@pref.nagano.lg.jp

  • そのほか:

初心者の方でも構いません。職員が作業方法をお伝えします

1名~数名のグループでも参加可能です

飯綱庁舎の自然観察路で植物の観察も行えます

  • キュレーター(3名)

尾関雅章(研究員)

高野宏平(技師)

石田祐子(環境保全研究員、標本庫管理主担当者)

押し葉の台紙への貼り付け

押し葉の台紙への貼り付け

標本庫への配架

標本庫への配架

お問い合わせ

環境保全研究所 

電話番号:026-239-1031

ファックス:026-239-2929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?