ホーム > 県政情報・統計 > 県概要 > 知事の部屋 > 阿部知事のプロフィール

ここから本文です。

更新日:2018年4月10日

阿部知事のプロフィール

長野県知事 阿部 守一 (あべ しゅいち)

阿部知事             「学びと自治の力」で拓く新時代

 新たな総合5か年計画「しあわせ信州創造プラン2.0」がスタートしました。

 かつて人類が経験したことのない超高齢社会の到来、非婚化や少子化に伴う急激な人口減少、AI・ロボットなどテクノロジーの急速な発達により、私たちを取り巻く社会・経済環境は加速度的に変化しています。また、国連が定めたSDGsの達成や、脱炭素社会の実現に向けては、グローバルな連帯が重要であり、今や日常生活においても世界との繋がりを意識することが不可欠となりました。そして、心の豊かさが希求され、価値観が多様化した今日、集権的・画一的な政策では、県民の皆様の確かな暮らしを実現することは難しくなりつつあります。

  このような大きな時代のうねりの中で、県民の皆様お一人おひとりが、人生を楽しみ、しあわせに暮らすことができる長野県を実現するためには、人々が主体的に学び、自治的に社会を治めていくことにより、力を合わせて新たな社会の仕組みを創り上げていくことが重要です。

 そこで、新たな総合計画の基本目標を、「確かな暮らしが営まれる美しい信州」とし、「学びと自治の力」を推進エンジンとして、「学びの県づくり」、「産業の生産性が高い県づくり」、「人をひきつける快適な県づくり」、「いのちを守り育む県づくり」、「誰にでも居場所と出番がある県づくり」、「自治の力みなぎる県づくり」の6つの県づくりに取り組んでいくことといたしました。

  「みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき」- 今年で制定50周年を迎える県歌「信濃の国」の一節です。教育県と言われてきた本県には、自らが積極的に知識や技能などを身に付けようとする学びの風土があります。また、77市町村がそれぞれの特色を生かしながら発展してきたこと、公民館・自治会の活動が盛んであることなど、自治の意識が強固な県です。
  本県に脈々と受け継がれてきたDNAである「学びと自治の力」を活性化することこそが、新しい時代を切り拓き、未来を創造する原動力となるものと確信しています。

   The future depends on what we do in the present.
    (未来は、今、私たちが何を為すかにかかっている。)

    これは、マハトマ・ガンジーの言葉です。
   人生100年時代を迎えようとする中、私たちは、「学びと自治の力」を最大限発揮しながら、明日への希望を持って安心して暮らすことができる社会、豊かな自然や農山村の景観などが大切にされる社会、すなわち、「確かな暮らしが営まれる美しい信州」の実現に向け、新たな視点で活動を開始します。
   県民の皆様のご協力とご支援を心よりお願い申し上げます。

      平成30年(2018年)4月                                   

                                                                                                 長野県知事 阿部 守一

略歴

昭和

35年(1960年)

 

12月21日生

 

59年(1984年)

 

東京大学法学部卒業

 

 

 

自治省入省

平成

13年(2001年)

 

長野県企画局長

 

 

 

長野県副知事

 

16年(2004年)

 

総務省過疎対策室長

 

19年(2007年)

 

横浜市副市長

 

21年(2009年)

 

内閣府行政刷新会議事務局次長

 

22年(2010年)

8月

長野県知事選挙で初当選

 

 

9月1日

長野県知事就任

  26年(2014年) 9月1日 長野県知事再選

 

知事のスケジュール

知事会見

知事コメント・
あいさつ
・メッセージ

知事へのご意見

部局長会議

国等への提言・要請

知事議案説明

交際費執行状況

知事の資産公開

太田副知事のプロフィール

中島副知事のプロフィール

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?