ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

申請に当たっての注意事項

再委託市に住民登録がある方の申請について

 旅券事務を再委託した以下の市に住民登録がある方のパスポート申請窓口は、当該市役所になります。 

 該当市:飯田市、小諸市

 詳しくは、下記のリンクをご参照ください。

  県ホームページ 該当市ホームページ

飯田市

飯田市役所でのパスポート申請について

パスポート申請手続きについて(外部サイト)

小諸市

小諸市役所でのパスポート申請について 

パスポート申請手続きについて(外部サイト)

      

 なお、再委託市(飯田市及び小諸市)に住民登録がある方で、長野県内に居所がある方の場合は、居所申請として、県内の地域振興局で申請が可能な場合がありますので、下記のリンクをご参照ください。

 ※居所申請(飯田市及び小諸市に住民登録がある場合)

切替申請(旅券(パスポート)の有効期間内に申請する場合)

現在有効な旅券をお持ちでも、次の場合は新たな旅券に切り替えることができます。パスポート窓口にご相談ください。

  1. 残りの有効期間が1年未満となった場合⇒【切替新規申請参照】
  2. 査証欄に余白がなくなった場合(査証欄は旅券1冊につき1回に限り増補もできます)⇒【Q13参照】
  3. 旅券の記載事項(氏名、本籍)に変更のあった場合(訂正申請もできます)⇒【Q10Q11参照】
  4. 旅券を著しく損傷した場合
  5. 現在お持ちの旅券がIC旅券ではなく、IC旅券に切り替えたい場合
  6. 就労、留学、ワーキングホリデー等で1年を超える査証取得等が条件とされている場合
    →事情説明書兼確認書(窓口にございます)と疎明資料(赴任命令書や入学許可書等)が必要です                                    →詳細については、事前に申請窓口へお問い合わせください。     

代理申請(ご家族等代理の方が申請書類を提出する場合)

  • 申請は代理の方でもできます。ただし、有効な旅券を紛失したり、汚損した場合等で改めて申請する場合や、居所申請をする場合、非ヘボン式表記を希望する場合、一般旅券発給申請書の刑罰等関係欄1.~6.の項目に該当する場合などは必ずご本人が申請してください。
  • 代理の方が申請を行う場合でも、申請書表面の「所持人自署」欄、申請書裏面の「申請者署名」欄及び「申請書類等提出委任申出書」の中の「申請者署名、引受人氏名、引受人住所、申請者との関係」欄は、必ず申請者ご本人が記入してください。
  • 代理申請の場合の本人確認の書類は、申請者本人と代理人の双方の書類(有効な原本)が必要です。ただし、15歳未満の方で、親権者と同伴で申請される場合、又は親権者が代理申請する場合においては、親権者の本人確認書類の提示があれば、申請者の本人確認書類を省略することができます。⇒【Q7参照】

居所申請(長野県内に居住しているが、他の都道府県に住民登録をしている場合)

パスポートは、原則として住民票のある都道府県で申請していただきますが、次の方については、長野県で申請することができます。ただし、代理申請はできませんので、必ずご本人が窓口にお越しください。なお、申請時に別途必要な書類があります。⇒【居所申請参照】

  1. 学生、単身赴任者、長期出張者
  2. 海外からの一時帰国者など

未成年者(20歳未満)の申請

  • 一般旅券発給申請書裏面の「法定代理人署名」に親権者(父または母)または後見人が必ず署名をしてください。ただし申請者がすでに結婚している場合は省略できます。
  • 親権者または後見人が海外等遠隔地に在住しているため「法定代理人署名」に署名できない場合は、郵送された「同意書」とその封筒の提出をもって代えることができます。「同意書」の様式及び記入方法については、パスポート窓口にご相談ください。

日曜受領を希望される場合

日曜日に長野または松本地域振興局のパスポート窓口でパスポートの受領を希望される場合は、申請時に「日曜交付希望申出書」を提出してください。なお、申請受付後は窓口の変更はできませんのでご注意ください。⇒【Q16参照】
※長野地域振興局で申請されて長野地域振興局で受領される方、あるいは松本地域振興局で申請されて日曜日に受領される方は日曜交付希望申出書の提出は不要です。
「日曜交付希望申出書」はこちらからダウンロードできます。(ワード:30KB)


氏名をヘボン式以外の綴りで記載したい場合

旅券の氏名表記は法令の規定によりヘボン式ローマ字によることとされていますが、二重国籍の方などで、ヘボン式による氏名表記では渡航先での滞在に不便をきたす方については、ヘボン式以外による氏名表記ができる場合があります。ただし、別途必要な書類がありますので、事前にパスポート窓口までお問い合わせください。


刑罰等関係欄に該当する場合

一般旅券発給申請書の刑罰等関係欄1.~6.の項目のいずれかに該当する方は、旅券申請時に、「渡航事情説明書と必要書類(起訴状の写しや判決謄本等)」を提出していただく必要がありますので、あらかじめパスポート窓口までお問い合わせください。なお、この事前審査手続に一定期間(1~2ヶ月程度)を要しますので、余裕を持ってご相談ください。

 

お問い合わせ

県民文化部国際課

電話番号:026-235-7173

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?