• サイトマップ
  • 文字サイズ・色合い変更

ここから本文です。

更新日:2014年6月30日

県議会のしくみ

 県議会(けんぎかい)のしくみ

 

 

イメージ:女の子の顔

県議会(けんぎかい)はどのような仕事(しごと)をしていますか?

 

 

イメージ:男性の顔

県議会(けんぎかい)では、多(おお)くの仕事(しごと)をしていますが、主(おも)なものは次(つぎ)のとおりです。

・県(けん)の仕事(しごと)を進(すす)めるために必要(ひつよう)な決(き)まり(条例(じょうれい))をつくったり、廃止(はいし)したりします。

・県(けん)の仕事(しごと)をするために必要(ひつよう)なお金(かね)の使(つか)い方(かた)(予算(よさん))を決(き)めたり、正(ただ)しく使(つか)われたかどうか(決算(けっさん))を調(しら)べます。

・県(けん)が行(おこな)うべき仕事(しごと)やその方法(ほうほう)について提案(ていあん)します。

・県(けん)の仕事(しごと)が、県民(けんみん)のために行(おこな)われているかどうかを調(しら)べます。

・県民(けんみん)のためになることについて、国(くに)に対(たい)して、こうしてほしいという意見(いけん)を出(だ)します。

・副知事(ふくちじ)など、県(けん)の重要(じゅうよう)な地位(ちい)につく人(ひと)たちを知事(ちじ)が決(き)めるときに賛成(さんせい)(同意(どうい))するかどうかを決(き)めます。

▲このページのトップへ

 

イメージ:男の子の顔

県(けん)議会(ぎかい)はいつ行(おこな)われますか?

 

イメージ:女性の顔

 

県議会(けんぎかい)には、定例会(ていれいかい)と臨時(りんじ)会(かい)があります。

定例会(ていれいかい)は、毎年(まいとし)決(き)まった時期(じき)に開(ひら)かれます。開(ひら)かれる時期(じき)は2月(がつ)、6月(がつ)、9月(がつ)、12月(がつ)の年(ねん)4回(かい)です。

臨時(りんじ)会(かい)は必要(ひつよう)があるときに開(ひら)かれます。

「議会(ぎかい)を開(ひら)きますから集(あつ)まってください」というお知(し)らせ(招集(しょうしゅう))は、知事(ちじ)がします。

会議(かいぎ)を開(ひら)くには、議員(ぎいん)定数(ていすう)58人の半数(はんすう)以上(いじょう)の出席(しゅっせき)が必要(ひつよう)です。

▲このページのトップへ

 

イメージ:女の子の顔

県議会(けんぎかい)にはどのような会議(かいぎ)がありますか?

 

イメージ:男性の顔

 

県議会(けんぎかい)の会議(かいぎ)には本会議(ほんかいぎ)と委員会(いいんかい)があります。

本会議(ほんかいぎ)は、議員(ぎいん)が全員(ぜんいん)で話(はな)し合(あ)いをする会議(かいぎ)です。お金(かね)の使(つか)い方(かた)(予算(よさん))や決(き)まり(条例(じょうれい))などいろいろなことについて意見(いけん)を出(だ)し合(あ)った後(あと)に、議会(ぎかい)としての考(かんが)えを最終的(さいしゅうてき)に決(き)めます。

県(けん)の仕事(しごと)は、この議会(ぎかい)での決定(けってい)に従(したが)って進(すす)められます。

委員会(いいんかい)は、本会議(ほんかいぎ)で決(き)める前(まえ)に、議員(ぎいん)がグループに分(わ)かれて、県(けん)の仕事(しごと)の内容(ないよう)を専門的(せんもんてき)に調(しら)べたり話(はな)し合(あ)ったりする会議(かいぎ)です。

委員会(いいんかい)では、県民(けんみん)の意見(いけん)や要望(ようぼう)(請願(せいがん)・陳情(ちんじょう))についても内容(ないよう)を詳(くわ)しく調(しら)べます。

委員会(いいんかい)には、県(けん)の仕事(しごと)の分野(ぶんや)で分(わ)けた6つの常任(じょうにん)委員会(いいんかい)のほかに、議会(ぎかい)運営(うんえい)委員会(いいんかい)と必要(ひつよう)なときにおかれる特別(とくべつ)委員会(いいんかい) があります。

どんな委員会(いいんかい)があるか調(しら)べてみよう。[議会(ぎかい)の組織(そしき) 委員会(いいんかい)]

▲このページのトップへ

 

イメージ:男の子の顔

県議会(けんぎかい)はどのように進(すす)められますか?

 

イメージ:女性の顔

 

知事(ちじ)

本会議(ほんかいぎ)

委員会(いいんかい)

本会議(ほんかいぎ)

知事(ちじ)

 

県(けん)のお金(かね)の使(つか)い方(かた)や仕事(しごと)の進(すす)め方(かた)の計画(けいかく)をつくります。

 

知事(ちじ)が県(けん)の計画(けいかく)について説明(せつめい)し、議員(ぎいん)の質問(しつもん)に答(こた)えます。

 

県(けん)の仕事(しごと)について専門的(せんもんてき)に詳(くわ)しく調(しら)べます。最後(さいご)に調(しら)べたことについて、意見(いけん)をまとめます。

委員会(いいんかい)でまとめた意見(いけん)を聞(き)き、意見(いけん)を出(だ)し合(あ)った後(あと)、議員(ぎいん)全員(ぜんいん)が賛成(さんせい)か反対(はんたい)かを多数決(たすうけつ)で決(き)めます。

議会(ぎかい)で決(き)められたとおり県(けん)の仕事(しごと)を進(すす)めます。

 

議会(ぎかい)の流(なが)れをくわしく調(しら)べてみよう 。[議会(ぎかい)審議(しんぎ)の流(なが)れ]

▲このページのトップへ

 

イメージ:女の子の顔

本会議(ほんかいぎ)はだれが会議(かいぎ)を進(すす)めるのですか?

 

イメージ:男性の顔

議会(ぎかい)には、議員(ぎいん)の中(なか)から選挙(せんきょ)で選(えら)ばれた議長(ぎちょう)と副議長(ふくぎちょう)がいます。

議長(ぎちょう)は本会議(ほんかいぎ)をうまく進(すす)める大切(たいせつ)な役割(やくわり)を持(も)っています。また、議会(ぎかい)の代表(だいひょう)としても活動(かつどう)します。

副議長(ふくぎちょう)は、議長(ぎちょう)の都合(つごう)が悪(わる)いときに代(か)わりをします。

いまの議長(ぎちょう)と副議長(ふくぎちょう)を調(しら)べてみよう。[正副(せいふく)議長(ぎちょう)のページ]

▲このページのトップへ

←トップへ          ←前のページ

お問い合わせ

長野県議会議会事務局調査課

電話番号:026-235-7414

ファックス:026-235-7363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?