ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)2月プレスリリース資料 > 県内で採取された水から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました(農政部園芸畜産課家畜防疫対策室・林務部森林づくり推進課鳥獣対策ジビエ振興室)

ここから本文です。

更新日:2021年2月19日

県内で採取された水から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました

長野県(農政部・林務部)プレスリリース令和3年(2021年)2月19日

信州大学及び鳥取大学の共同で実施した検査により、2月14日(日曜日)に長野県岡谷市で採取した環境試料(水)から、本日、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出された旨の報告が環境省からありました。

環境省は、採取地点の周辺10km圏内(※別添地図参照)を野鳥監視重点区域に指定します。

この指定により、発生地周辺の消毒と野鳥の監視を強化するとともに、家きん飼養施設における防疫対策の徹底について注意喚起します。

1生場所等

野県岡谷市(諏訪湖)

2生の経過

2月14日野県岡谷市で信州大学が環境試料(水)を採取

2月19日取大学が検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出

      採取地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化

3後の対応

(1)野鳥関係

・採取地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化

・野鳥監視重点区域内において、鳥獣保護管理員等による巡回監視を実施

・採取地点周辺の消毒を実施

(2)家きん関係

・県内の全家きん飼養者734戸(約149万羽)と養鶏関係者へ「家畜衛生情報」を発出し注意喚起

・100羽以上の家きん飼養施設へ異常の有無を確認

・消石灰の配布等による消毒の徹底

4意事項

・現場での取材はウイルスの拡散や感染を防ぐ観点から、厳に慎むようお願いします。

・鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃厚な接触等特殊な場合を除いては、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。

・本年度は、高原病性鳥インフルエンザウイルスが全国各地で検出されています。周辺地域のみならず、県民の皆さまにおかれては、万が一死亡した野鳥を見つけた場合は素手で触らないでください。また、野鳥の糞が靴の裏や車両につくことにより、鳥インフルエンザが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないように注意してください。

関連資料

20210219プレスリリース資料(PDF:451KB)

監視重点区域(PDF:401KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農政部家畜防疫対策室

担当者名:(室長)荒井 一哉 (担当)多田 郷士

電話番号:026-235-7232

ファックス番号:026-235-7481

所属課室:林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

担当者名:(室長)清水 靖久 (担当)山上 和輝

電話番号:026-235-7273

ファックス番号:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?