ホーム > 上田食肉衛生検査所 > 検査 > 試験室検査1

ここから本文です。

更新日:2019年3月19日

上田食肉衛生検査所

試験室検査

試験室検査(精密検査)は、と畜検査(肉眼検査)で異常を認め保留になったものや肉眼的に判断できない場合に、血液、内臓、脳、筋肉などを細かく検査するものです。
試験室検査には、微生物学的検査、病理学的検査、理化学的検査、ウイルス学的検査、TSE検査
等があります。

微生物学的検査

敗血症、膿毒症などの全身の感染症や豚丹毒、炭疽などの家畜伝染病が疑われる場合に血液、内臓、脳、筋肉などを材料に細菌検査、ウイルス検査を行います。
また、枝肉や食肉処理場、食鳥処理場の環境にどの程度の細菌がいるのか、食中毒原因菌がいないかなど、微生物制御のための検査も実施しています。

細菌検査風景

 

病理学的検査

白血病や腫瘍、寄生虫病など肉眼では判断できない組織学的変化を検査します。

病理検査風景

 

理化学的検査

黄疸、尿毒症などの診断のため、血液などを分析機器を用いて検査します。
また、抗菌性物質や農薬、動物用医薬品などの有害物質が食肉中に残留していないかモニタリング検査を実施しています。
なお検査は、食品衛生法第18条第1項の規定に基づいて、食品衛生検査施設における検査業務管理要綱を定め、検査精度の信頼性確保に努めています。

理化学検査風景

 

TSE検査

平成29年4月1日から、と畜場における健康牛のBSE検査は廃止されました。ただし、24か月齢以上の牛のうち、生体検査において神経症状が疑われるもの及び全身症状を呈するものについては引き続きBSE検査を実施しています。また、めん羊及び山羊に関しても、獣畜の月齢に関わらず、生体検査において、削痩、被毛粗剛、脱毛、そう痒症、関節炎、異常行動、運動失調等の臨床症状を呈するめん羊及び山羊について、TSE検査を実施しています。

検査方法はエライザ法という非常に感度の高い方法で、延髄にTSEの病原体である異常プリオンタンパクが含まれているかどうかを検査します。

BSE検査風景

 

お問い合わせ

所属課室:長野県上田食肉衛生検査所 

長野県上田市常磐城3-3-59

電話番号:0268-24-7521

ファックス番号:0268-28-0304

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?