ホーム > 上田建設事務所 > 事業概要 > 建築課 > 住宅の耐震化を進めましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

上田建設事務所

 住宅の耐震化を進めましょう!

 県の助成を活用して、無料耐震診断!!耐震改修には最大100万円の助成!!

 

  • 対象となる住宅(次のいずれにも該当する一戸建ての住宅(一部併用住宅を含む))

 ・昭和56年(1981年)5月31日以前に工事に着手したもの

 ・木造在来工法

 

  • 上記の2つの項目に当てはまる住宅にお住まいであればまずは耐震診断を!

 県では、市町村と協力して、上記の対象住宅について無料で耐震診断を行っています。(非木造住宅や共同住宅でも、耐震診断費用の一部を助成しています。

  • 耐震診断の結果耐震性が不足していれば耐震改修工事の検討を!

 耐震改修工事(建替え含む)の費用についても一部助成をしています。最大100万円を限度に、工事費用の1/2まで

 

  • 耐震改修工事では、

  ・壁に筋交いを入れたり構造用合板を使って地震に強い壁を増やす。

  ・金物によって、柱や梁をしっかりつなげ、地震の力で外れてしまわないようにする。

  ・基礎を頑丈にする。

  などの工事により必要な補強や補修を行います。

  • 耐震改修工事の費用の目安は、

・200万円未満の耐震改修がよく行われています。実際に耐震改修を行った家を調べてみると約55%の人が200万円未満の費用で済んでいるようです。そのなかでも100~150万円のケースが多いようです。((一財)日本建築防災協会調べ)

(費用は住宅の古さ、大きさ、工事の方法などにより変わります)

  •  耐震改修工事の期間は、

・概ね1週間~1か月程度です。 

  • 気になるところも一緒に解決しましょう

・家を地震に強くすると同時に、古くなった部分や使いづらい部分のリフォーム工事を一緒にすることで、ばらばらに解決するよりも、工期を短く、費用も安上がりにすることができます。

上田管内の実績(H14~H30累計) 

耐震診断

耐震改修

木造住宅

避難施設

木造住宅

820件

108件

165件

 

管内で行われている補強工事の事例
 【事例1】A邸耐震補強工事(上田市)

  構造:木造、階数:1階、構法:在来軸組工法、床面積:約120㎡

  建築年:昭和28年、耐震診断結果の評点:0.59(改修前)→1.17(改修後)

  工期:約3か月、工事費:約120万円(うち補助金:約60万円)

  工事費内訳:構造用合板取付…約70万円、制震ダンパー取付…約110万円

 

 【事例2】B邸耐震補強工事(上田市)

  構造:木造、階数:2階、構法:在来軸組工法、床面積:約145㎡

  建築年:昭和54年、耐震診断結果の評点:0.50(改修前)→1.003(改修後)

  工期:約5.5か月、工事費:約220万円(うち補助金:100万円)

  工事費内訳:基礎補強工事…約18万円、壁補強工事…約157万円、運搬費・諸経費等…約33万円

 

 【事例3】C邸耐震補強工事

  構造:木造、階数:2階、構法:在来軸組工法、床面積:約135㎡

  建築年:昭和50年、耐震診断結果の評点:0.45(改修前)→1.04(改修後)

  工期:約0.5か月、工事費:約220万円(うち補助金:100万円)

  工事費内訳:制震ダンパー取付…約154万円、壁補強工事…約35万円、仮設費・諸経費等…約18万円

  

    ※耐震診断結果の評価点

1.5以上

1.0以上

1.5未満

0.7以上

1.0未満

0.7未満

倒壊しない

一応

倒壊しない

倒壊する

可能性がある

×

倒壊する

可能性が高い

 

 

お問い合わせはお住いの市町村耐震担当窓口へ!

・市町村により助成額が異なる場合があります。

・まずは市町村の耐震担当課へお問い合わせください。

市町村

担当課

電話

上田市

建築指導課

0268-23-5430

東御市

建設課

0268-64-5882

長和町

産業振興課

0268-75-2047

青木村

商工観光移住課

0268-49-0111

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県上田建設事務所建築課

長野県上田市材木町1-2-6

電話番号:0268-25-7142

ファックス番号:0268-28-5566

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?