ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > 都市公園について > まちなかの緑地整備事業について

ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

まちなかの緑地整備事業

1 まちなかの緑地整備事業について

 中心市街地における空き地を活用して緑地整備を行います。

(1)現状

  • 長野県におけるDID(人口集中地域)区域内の都市公園面積の割合は2.74%(全国36位)。
  • 国は、平成29年6月「市民緑地認定制度」を創設し、民間主体が空き地等を公園的な空間に整備・公開する取組を促進するため国庫補助制度(社会資本整備総合交付金)を創設しましたが、小規模な緑地は国庫補助の対象外。

(2)事業概要

  • 全国都市緑化信州フェアを契機として、市街地において森林を身近に感じさせる緑地の整備を集中的に推進するため、市町村及び民間主体が行う緑地整備のうち、国の補助要件を満たさない小規模な緑地整備に対して、森林づくり県民税を活用した補助金を交付します。

(3)事業内容

  • 樹木や芝などの植栽、花壇やベンチなどの施設整備を支援。
     ①修景施設(植栽、芝生、日陰たな等)、②休憩施設(休憩所、ベンチ等)
     ③管理施設(柵、掲示板等)、④上記に伴い必要となる園路又は広場
     ※使用する木材は県産材を原則
  • 補助金交付の要件は、用途地域内、整備面積が500㎡未満、緑化率が30%以上、樹木の本数が3本以上。
  • 管理期間が5年以上、土地の所有権・使用の権原を有する緑地の整備。

(4)補助率

  • 補助率は、市町村1/2、民間主体1/3。上限額は、100又は300万円で県予算の範囲内(間接補助)。
 

補助率(負担割合)

整備面積

補助基本額

補助上限額

市町村

民間主体

市町村

1/2

1/2

-

300㎡未満

2,000千円

1,000千円

300㎡以上500㎡未満

6,000千円

2,000千円

民間主体

1/3

1/3

1/3

300㎡未満

3,000千円

1,000千円

300㎡以上500㎡未満

9,000千円

3,000千円

2 整備事例

 平成30年度に整備した事例を紹介します。

(1)松本市 松栄の湧水公園

 植栽、ベンチ、水流を整備

   syoei1     syoei2

(2)松本市 国分町ポケットパーク

 植栽、ベンチを整備

   kokubun1     kokubun2

お問い合わせ

建設部都市・まちづくり課

電話番号:026-235-7296

ファックス:026-252-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?