ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > 都市計画について > 市街地再開発事業のしくみ

ここから本文です。

更新日:2014年6月26日

市街地再開発事業のしくみ

1 施行者

  市街地再開発事業の施行者は、都市再開発法により市街地再開発組合、再開発会社、個人施行者、地方公共団体、都市再生機構等とされています。

2 事業のしくみ

  市街地再開発事業に必要な新しいビルの建設資金などは、国・県・市町村からの補助金のほか、土地の高度利用によって生み出した余分の床(保留床といいます)を新しい居住者や営業者に売却することによってまかないます。

  地区内の居住者は権利変換と呼ばれる手法を用いて、従前の土地と建物に見合う新しい建物の一部(権利床といいます)を受け取り、地区内に残ることができます。

お問い合わせ

建設部都市・まちづくり課

電話番号:026-235-7297

ファックス:026-252-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)