ホーム > 社会基盤 > 建設・建築・開発 > 都市開発 > 規則概要

ここから本文です。

更新日:2018年4月15日

規則概要

 このページでは、都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例施行規則の概要について説明します。

条例第3条関係

盛土をする前の段切り

  • 高さ0.5m以上かつ幅1m以上
  • 段には排水のための勾配を設けることそのための措置を講じること

小段を設けるがけ

  • 地表面が水平面に対して30度を超える角度を成す土地

(小段の設置基準)

  • がけの高さ5m以内に設けること
  • 幅1.5m以上
  • 排水のための側溝等の設置

条例第5条関係

区域指定に関する道路の基準

  • 4m以上の規模の道路が適当に配置されていること
  • 区域外の6.5m以上の道路に接続

区域指定の申出

  • 申出書式、添付書類を規定

条例第6条関係

用途指定の申出

  • 申出書式、添付書類を規定

条例第7条関係

線引以前から土地を所有する者に準ずる者

  • 相続により地位を承継したもの

線引以前から生活の本拠を有するものに準ずる者

  • 生活の本拠を有するものの直系血族(当該指定集落に居住し、又は居住していたことがある者)
  • 収用事業等により生活の本拠を有することとなった者又はその直系血族(当該指定集落に居住し、又は居住していたことがある者)

分家住宅の開発許可基準

  • 既存集落内の線引以前から本家が所有する土地であること
  • 土地所有者は、線引き以前から当該都市計画区域内に生活の本拠を有する者であること
  • 本家を承継する親族がいること。

収用移転建築物の開発許可基準

  • 収用移転建築物と同一都市計画区域内の既存集落に移転するものであること
  • 用途が一戸建ての住宅及び小規模店舗
  • 敷地面積500平方メートル以下又は従前の敷地面積の1.5倍以下であること

既存住宅の敷地増の開発許可基準

  • 拡張後の敷地面積が500平方メートル以下であること

指定既存集落内の自己用住宅の開発許可基準

  • 借家からの転居等、現在の住居に住み続けられない合理的理由があること。

 

お問い合わせ

建設部都市・まちづくり課

電話番号:026-235-7297 (都市計画係)

ファックス:026-252-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?