ホーム > 長野県須坂看護専門学校 > キャンパスライフ令和3年2月

ここから本文です。

更新日:2021年3月3日

須坂看護専門学校

キャンパスライフ令和3年2月

   令和3年2月のキャンパスライフです。今月は「本校から望む北アルプス連峰」、3年生「総合看護Ⅴ(演習)」と「学内事例研究発表会」、4年生「看護師国家試験壮行会」の様子を掲載します。

1111

 「本校から望む北アルプス連峰」(2月10日撮影)

穏やかに晴れた日、本校から望む雪化粧をした北アルプス連峰を写真に収めました。今年は昨年に比べて積雪が多く、信州のスキー場はシーズン真っ盛りを迎えています。

写真の北アルプス連峰は、「鹿島槍ヶ岳 2.889m」「爺ヶ岳 2.670m 」「蓮華岳 2.799m」などです。

 

※手前の屋根の建物は本校の女子寮(美須峯寮)になります。

 

3219

 「総合看護Ⅴ(演習)」(3年生)

3年次も総まとめの時期となり、臨床技術を学ぶ2単位45時間の総合看護Ⅴの授業も本日が最後の演習となりました。学生たちが技術ごとにチームに分かれて担当した技術を他のチームの学生に指導しました。本日の指導担当は注射チームです。そのため、授業の感想でも「人に教えるためには自分がしっかりとマスターする必要があり、教える体験を通して学ぶことの多い授業だった」「発表会に向けて質問に答えられるよう準備したり、質問の回答を責任を持って考えることができ、良い学びができた」など、この授業に積極的に取り組んだからこその感想が多く書かれていました。その真摯な姿勢で4年次も頑張って欲しいものです。

3249

 「学内事例研究発表会」(3年生)

2月24日(水曜日)と25日(木曜日)の両日、3年生の事例研究発表会が体育館で行われました。一人ひとりが病院実習で学んだ実践研究の成果をまとめ、2、3年生の前で発表しました。

発表前日まで準備を進め、司会進行からすべて3年生が担当しました。発表後の質疑応答では、研究内容について掘り下げた質問が多く出され、発表者はそれぞれの質問に丁寧に答えていました。看護師を目指す学生たちの共通理解の学びになったようです。

 

1111

 「看護師国家試験壮行会」(4年生)

看護師を目指す看護学生は「国家試験」という高いハードルをクリアしなければなりません。受験地(東京)への出発を3日後にし、学校で和やかに壮行会が行われました。

国試全員合格に向け、中村校長先生から激励のお言葉をいただきました。学生たちは真剣な眼差しで聞き入っていました。

 

 

3609

校長先生の激励のあいさつに続き、先生方を代表して、教務主任の半藤先生から熱いパフォーマンスによる「激励のエール」を頂戴しました。

また、卒業した先輩や後輩の学生からも思いが込められた手紙や差し入れを頂戴しました。

最後に4年生代表が、校長先生に感謝の気持ちと国試全員合格に向けた決意表明を堂々と述べました。

1111

写真は、壮行会終了後、笑顔の内にも国試全員合格に向けて闘志あふれる集合写真です。

今年度の「国家試験」は2月14日(日曜日)に全国12都道府県で実施されました。4年生の皆さんあとは3月5日の卒業式ならびに3月26日の国家試験の合格発表を待つばかりです。本当にお疲れ様でした。

※「看護師国家試験」:受験科目は人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践の各科目。試験時間は午前・午後各2時間40分の計5時間20分、問題数は合計240問余にもなります。

お問い合わせ

所属課室:長野県須坂看護専門学校 

長野県須坂市臥竜2-20-1

電話番号:026-248-8311

ファックス番号:026-251-2355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?