ホーム > 長野県須坂看護専門学校 > キャンパスライフ令和元年11月

ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

須坂看護専門学校

キャンパスライフ令和元年11月

令和元年11月のキャンパスライフです。今回は、秋も深まった本校周辺の様子、2~4年生が参加した「長野県看護学生看護研究発表会」(上田市で開催)、4年生「統合実習」、2年生「小児看護学実習Ⅰ」(保育園実習)、2年生「小児看護学実習Ⅰ」(こども病院見学)の様子を掲載します。

0545

        <晩秋の本校> 

0550

       <本校から望む臥竜山>

2708

2703

 「第61回 長野県看護学生看護研究発表会」(11月6日)

                (2~4年生全員参加)

今年は長野県看護学生看護研究発表会が上田サントミューゼで行われ、県内の看護学生と教員、臨床指導者を含め、約1200人が参加しました。

この発表会は、県内の看護専門学校の学生が、日頃の実習からの学びを研究成果としてまとめ、各校の代表者が口頭発表をすることで、互いに看護の学びを深め合うことを目的に年に一回開催されています。

当校では3年次に履習した事例研究の中から代表者を選んでいます。当日は、午後の発表でしたが、堂々と発表し、質疑応答でもわかりやすく答えていました。代表の方、お疲れさまでした。

また、長野県看護協会の松本会長から「未来に向かって生きるを共につくる」をテーマにご講演いただき、学生にエールを送っていただきました。

本研究発表会に参加し、県内の看護学生の仲間たちと研究成果を学び合ったことを通して、さらに高みを目指しお互いに切磋琢磨してほしいと思います。

 

2345

 「統合実習」(情報共有)(4年生)

4年生最後の統合実習中の学生たちです。統合実習の課題はいくつかありますが、その一つである複数の患者への看護実践を経験する”という課題に対して、自分の受け持ち患者様の情報や行ってほしい看護などを、他の学生に申し送りをします。

この写真の場面も、夜間実習で自分が不在となる時に備えチームで情報を共有している場面です。

学生たちの真剣な姿をみていると、来春からの臨床現場でも頑張ってほしいと切に思います。

1111 

「小児看護学実習Ⅰ」保育園実習(2年生) 

写真は「小児看護学実習Ⅰ」保育園実習で、園児たちの前で自己紹介をしている学生たちです。学生それぞれが自分を動物に例えて作ったお面を使い、自己紹介しました。

子どもたちの反応も良く、園の先生方からもお褒めの言葉をいただきました。こうして子どもたちの心をつかみ、楽しく充実した5日間の実習を経験してくることができました。

実習目的である『健康なこどもの姿を知ることで、病気を抱え苦しむこどもたちに対し、愛情ある関わりができる』に向けてこれからも学んでいきましょう。

2445

「小児看護学実習Ⅰ」こども病院見学(2年生)

10月18日(金曜日)、2年生は安曇野市豊科にある「長野県立こども病院」に見学実習に出かけました。院内を案内された学生たちは検査台に描かれた可愛い絵やイラストが印刷されたナース服など、あらゆるところに施された「こども目線」のたくさんの工夫やいきいきと働くスタッフの皆さんの姿と小児医療にかける熱い思いに触れて大いに刺激を受けたようです。

写真は「こども病院」の象徴でもある高さ37メートルの時計台をバックに中庭で写真に納まる学生たちです。

時計台には、カリオン(鐘)が設置されています。このカリオンはオランダ製のブロンズ16鐘で朝8時半と正午、午後5時の3回、美しい音色を安曇野の空に鳴り響かせます。季節ごとに曲目が変わるそうです。心を癒すその響きは学生たちの素晴らしい思い出となりました。

お問い合わせ

所属課室:長野県須坂看護専門学校 

長野県須坂市臥竜2-20-1

電話番号:026-248-8311

ファックス番号:026-251-2355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?