ホーム > 諏訪保健福祉事務所 > 歯と口腔の健康について

ここから本文です。

更新日:2019年4月25日

諏訪保健福祉事務所

歯と口腔の健康について

歯と口腔の健康について

歯と口腔の健康づくりの大切さ

歯は単に食物を咀嚼するだけでなく、食事や会話を楽しむなど、豊かな人生を送るためにも重要です。

近年、歯と口腔の健康づくりが、全身の健康づくりとの関係が深いことが明らかになってきています。

1.専門的な口腔ケアで肺炎が減少

口腔ケアを実施することで要介護高齢者の肺炎発症者が有意に減少しています。

(公益財団法人8020推進財団学術集会「歯周病と生活習慣病の関係」報告書より)

2.歯周病と糖尿病の関係が明らかにされています。

糖尿病と喫煙は、歯周病の2大危険因子です。

歯周病は、腎症、網膜症、神経症に次いで、第6番目の糖尿病合併症です。

歯周病関連細菌から産出される内毒素が原因で、インスリン抵抗性が高まり、糖尿病のコントロールを困難にします。

「歯周病と全身の状態・糖尿病と歯周病について」(厚生労働省e-ヘルスネットより)

県の取組み

1.『長野県歯科保健推進条例』について。

長野県歯科保健推進条例の具現化を図るため、『長野県歯科保健推進計画』が策定されました。

 

2.『8020』運動の推進

8020運動とは?

80歳になっても20以上の健康な自分の歯を維持することを進める運動です。

☆おいしく食べるために必要な歯の本数☆

18~28本:たくあん、フランスパン、酢だこ、堅焼きせんべい、スルメイカ

6~17本:せんべい、レンコン、かまぼこ、おこわ、きんぴらごぼう

0~5本:ナスの煮付け、バナナ、うどん

8020運動普及のため、長野県では次のような取組みを行っています。
  • 県民よい歯のコンクール(母と子のよい歯のコンクール)
  • 8020推進県民大会の開催
  • 8020推進ネットワークづくりのための研修会
  • 歯科保健教育モデル校の選定(幼稚園・保育園・小中学校・高校・特別支援学校)
  • 在宅重度心身障がい児(者)を対象にした訪問歯科健診
  • 専門職種等への研修会
▲このページのトップへ

お問い合わせ

所属課室:長野県諏訪保健福祉事務所総務課

長野県諏訪市上川1-1644-10

電話番号:0266-53-6000

ファックス番号:0266-57-2953

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?