ホーム > 諏訪保健福祉事務所 > 猫の飼い主さんへ

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

諏訪保健福祉事務所

猫の飼い主さんへ(保健所からのお願い)

避妊・去勢手術をしましょう。

猫はとても繁殖力が強い動物です。

避妊手術をしていない猫は、年に2回の妊娠・出産が可能です。

また、妊娠の心配がないオス猫であってもメス猫と同様、交尾によって病気に感染することがあります。

計画外の繁殖によって不幸な命を生まないためにも、また飼い猫を病気から守るためにも避妊・去勢手術を行いましょう。

なお、手術によって発情期の鳴き声や尿の臭いが軽減されることがあります。

できるだけ室内で飼いましょう

外に出る猫には、交通事故迷子、感染症などのリスクがあります。

保健所にも「飼い猫が帰ってこない」、「交通事故にあった猫がいる」といった通報があります。

飼い猫の安全のためにできるだけ室内で飼いましょう。

(参考)
「宣誓!無責任飼い主0(ゼロ)宣言!!」(外部サイト)(環境省リンク)

 

周囲に迷惑をかけないようにしましょう

猫は糞尿のにおいが強い動物です。保健所に寄せられる猫の苦情で最も多いのが糞尿によるものです。

どうしても外で猫を飼う場合は、(1)家の周囲に糞が落ちていないか毎日点検する、(2)糞が落ちていたら片づける、(3)外にもトイレを設置するといった対策をとりましょう。

すべての人が猫好きではないこと、猫にアレルギーを持つ方もいることを認識し、周囲の生活環境に配慮して飼いましょう。

迷子札をつけましょう

室内飼いの猫でも、うっかり外に出てしまうことがあります。

また、飼い主との移動中に見知らぬ場所で迷子になることもあります。

室内飼い、外飼いの別にかかわらず飼い猫には首輪をつけて連絡先を書いておけば、万一の時にも飼い主さんのもとへもどり易くなります。

 

注意:猫を捨てることは犯罪です。最後まで責任をもって飼いましょう。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県諏訪保健福祉事務所総務課

長野県諏訪市上川1-1644-10

電話番号:0266-53-6000

ファックス番号:0266-57-2953

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?