ホーム > 諏訪農業農村支援センター技術経営普及課 > 管内情報 > 糸萱かぼちゃ形質安定化のための検討会を行いました

ここから本文です。

更新日:2021年11月26日

諏訪地域振興局

糸萱かぼちゃ形質安定化のための検討会を行いました

当センターでは、中山間地における地域特産品目の生産振興として、地域伝統野菜の生産安定に取り組んでいます。
10月15 日に、糸萱かぼちゃ生産組合の皆さんと採種用に栽培した株の中から次年度使う種子を選抜するための検討会を行いました。
茅野市の糸萱かぼちゃは信州の伝統野菜にも認定されていて、自然な甘さと口どけの良さが 特徴です。 各家庭で採種すると他品種と交雑して異なる形質が出ることがあるため、糸萱かぼちゃ生産組合では毎年採種用のハウスで栽培した果実から種子をとり、組合員に配布しています。
今回の検討会では色や形などを基準に、ハウス内で栽培された株からとれた種子を来年の採種用種子として選抜することとしました 。
今後も糸萱かぼちゃの生産維持・拡大を目指して活動していきます 。

r3itokayakabocha1

PDF版(PDF:449KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県諏訪地域振興局諏訪農業農村支援センター

諏訪市上川1-1644-10

電話番号:0266-57-2912

ファックス番号:0266-52-2295

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?