ホーム > 事務所概要 > 裾花ダムの概要について

ここから本文です。

更新日:2020年9月9日

裾花ダム管理事務所

裾花ダムの概要

裾花ダムは裾花川上流総合開発事業の一環として建設されたダムで、洪水調節を主な目的とし、併せて発電及び上水道用水の供給を行うアーチ式コンクリートの多目的ダムです。工事は、昭和39年から昭和45年までの7年にわたる歳月と、約33億円の費用を投じて完成しました。洪水調節は標高561.5m(洪水時満水位)から標高537.5mの間の容量10,000,000m3を利用して、ダム地点における計画高水流量1,180m3/sのうち660m3/sをダムに貯め、流量を520m3/sに減少させて下流地域を洪水による被害から守ります。また、ダムに貯留された水を利用して、裾花発電所(長野県企業局)においては最大出力14,600kWの発電を行い、長野市の上水道用水としては1日最大22,000m3の水道用水の供給を可能としています。

裾花ダム航空写真

 

裾花ダム諸元

ダム
位置 左岸 長野市大字入山字岩戸南沖
右岸 長野市大字小鍋字神白沖
形式 アーチ式コンクリートダム
堤高 83.0m
堤頂長 211.16m
堤体積 130,790m3
堤頂標高 EL.563.00m
貯水池
流域面積 250km2
湛水面積 0.578km2
湛水延長 4.517km
常時満水位 EL.560.00m
洪水時満水位 EL.561.50m
総貯水容量 15,000,000m3
有効貯水容量 10,000,000m3
堆砂容量 5,000,000m3

 

お問い合わせ

所属課室:長野県裾花ダム管理事務所管理第一課(裾花ダム)

長野県長野市大字小鍋字神白沖3479-23

電話番号:026-233-4361

ファックス番号:026-235-3877

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?