ホーム > 裾花ダム管理事務所 > 事業概要 > 濁沢踏査(裾花ダム・奥裾花ダム)

ここから本文です。

更新日:2013年8月1日

裾花ダム管理事務所

濁沢踏査(裾花ダム・奥裾花ダム)

奥裾花ダムでは、平成9年5月に普段の約10~20倍(最大で毎秒180トン)の水が流れ込んだことがありました。これは、ダムができた昭和54年以降で3番目に多い数字です。しかしながら、その日は雨が降っていませんでした。雨が降っていないのにも関わらず、これだけ多くの水が流れ込んだ理由は何でしょうか。それは、上流にある濁川の山地が崩壊し、土石流が発生したためです。

現在、濁川上流では山地崩壊の影響で、天然ダム(山腹の崩壊などの自然現象により、土砂などが河川をせき止めてできた湖)ができています。もし、新たに山地が崩壊するなどした場合、多くの水が流れ込むことが予想されます。そのため、天然ダムと山地を定期的に確認することが必要です。

そこで、裾花ダム管理事務所では、踏査(現地に行って調査すること)とヘリコプターによる調査を行っております。踏査では天然ダムを中心に現地を調査し、ヘリコプターによる調査では、上空からより広い範囲の状況を調査します。

ここでは、踏査の様子について簡単にご紹介いたします。

 

上空から見た天然ダムの様子です。山に囲まれた場所に天然ダムができていることが分かります。

 

天然ダムまでの道はないため、沢伝いに2時間程度歩いて現地へ向かいます。

 

沢伝いに進めない場所は山を登って進みます。場所によっては斜面が崩れて滑りやすいところもあるため、慎重に進みます。

 

踏査は、雪解け水が減って川の水位が下がる6月頃に行いますが、上流にはいまだに雪が残っています。

 

天然ダムに到着しました。多くの水が溜まっていることがわかります。

 

天然ダムを一周しながら調査を行います。

お問い合わせ

所属課室:長野県裾花ダム管理事務所管理第一課(裾花ダム)

長野県長野市大字小鍋字神白沖3479-23

電話番号:026-233-4361

ファックス番号:026-235-3877

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?