ホーム > 長野県水産試験場 > トピックス > 令和元年度 夏休み特別開放を実施しました。 > 夏休み特別開放を実施しました。(本場)

ここから本文です。

更新日:2019年8月15日

水産試験場

夏休み特別開放を実施しました。
<本場(安曇野市)>

水産試験場では夏休み特別解放として令和元年7月25日(木曜日)に「お魚にさわって、見て、食べてみよう!」を開催しました。当日は子ども13名、大人8名、計21名の方に参加していただきました。

本場01

まずはタッチプールの中で元気に泳いでいるニジマスを手づかみしました。思いのほか早い泳ぎだったようで全部とれるまで悪戦苦闘していました。

 

本場02

次にニジマスの解剖を行いました。ピンセットと解剖ハサミの扱いに大変そうでしたが、慣れてくると取り出した腸管を起用に広げる子どももいました。また、鰓の構造などについて専門的な質問をしてくる子どももいて、職員を驚かせていました。

 

本場03

その後、手づかみしたニジマスを塩焼きにするため、ワタ抜き、串刺し及び塩ふりを行いました。ぬるぬるした魚に串を打つのは大変そうでしたが、皆形よく仕上がっていました。塩焼きが完成するまで場内を見学し、最後に炭火で焼いたニジマスの塩焼きを食べていただきました。塩焼きは大好評でお代わりする子どももいました。

参加していただいた子どもたちや保護者の方たちには、この機会を通じて少しでも淡水魚に興味を持っていただき、淡水魚が食卓に上る日が増えることを期待しています。さらにゆくゆくは「淡水魚にかかわる仕事に就きたい!」という方が現れることを願っています。

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県水産試験場 

長野県安曇野市明科中川手2871

電話番号:0263-62-2281

ファックス番号:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?