ホーム > 長野県水産試験場 > 情報提供 > 信州の魚たち > 諏訪湖のモツゴ

ここから本文です。

更新日:2014年6月20日

水産試験場

諏訪湖のモツゴ

信州の魚たち

○モツゴ
諏訪湖の「もろ」
写真:モツゴ(約12cm)

 7~8cmくらいになる口の小さい魚です。モロコ(タモロコやホンモロコ)とともに「もろ」または「むろ」と呼ばれ、甘露煮(かんろに)などで食べられます。モツゴはタモロコとともに諏訪湖の在来種で、ホンモロコは大正14年(1925年)に移入された琵琶湖の固有種です。絶滅したとされるスワモロコはタモロコの一種です。今の諏訪湖では「もろ」の中でもこのモツゴが最も多くなっています。
いろんな名前で呼ばれます
 「にがむろ」や「いしむろ」などと呼ばれて他の「もろ」と区別されます。諏訪湖以外では「くちぼそ」という名前がよく知られています。「にがむろ」は味から、「いしむろ」や「くちぼそ」は体の形から名付けられています。
 「やなぎむろ」という呼び名もありますが、諏訪湖周辺でもモツゴを指す地区とホンモロコを指す地区があります。
水質汚染に強い?
 雑食性で繁殖力が旺盛なことと、多少汚れた川や湖にも住むことができることから各地で分布を広げてきました。水質汚染に強いことに加え、産卵期が4月から8月までと長期間であること、水草ばかりではなく杭やロープなど卵を産み付け、産卵場所を選ばないこと、そして卵がふ化するまで雄親が他の魚を追い払う習性があることなどが他の魚に比べ増えやすい理由です。
口のまわりに石?
 成熟した雄では口のまわりなどに追星(おいぼし)という比較的硬いボツボツができます。背中やひれにも出ますが、口のまわりのものは大きいのでよくわかります。「いしむろ」の名前の由来になっています。また、雄では体の横のしま模様が見えなくなり、ウロコが目立つようになるので違う種類のようにも見えます。
縦じまと横じま
写真:モツゴ(6~7cm)

 魚のしま模様は頭を上に向けた状態で縦か横かを言います。「縦じま」は魚の頭のほうから尾びれへ向かう模様で、「横じま」は背中からお腹へ向かう模様です。モツゴのように、泳いでいる状態で横に線があるのは「縦じま」です。
 モツゴの仲間のシナイモツゴという亜種(同じ種類の中で異なる集団として区別されるもの)は、国及び県のレッドデータブックでは絶滅危惧種の一つに分類されています。長野県は希少種の保護を強化するため、捕獲規制等の対象とする種の指定作業をすすめており、シナイモツゴが候補の一つにあげられています。県内でも何箇所かで生息が確認されています。諏訪湖にはいないようですが長野県は分布の西限にあたります。
シナイモツゴ
 仙台市の北方にあった、諏訪湖の二倍もの面積を持った遊水地である品井沼(現在は干拓され水田となっている。)で発見されたことから名付けられています。
モツゴとの違い
 外観的に区別できます。全体的にシナイモツゴのほうがずんぐりした印象になります。モツゴのウロコには一部に黒い部分がありウロコが粗くみえますが、シナイモツゴにはありません。外観的にはモロコに近いと言えます。
 分類上の決め手は側線(そくせん)で、モツゴでは頭部から尾部まで完全に側線が見えますが、シナイモツゴでは頭部にごく近い部分にしかありません。
モツゴとの住み分け
 本来、シナイモツゴは関東・東北地方に、モツゴは関東より南に分かれて分布していました。モツゴはコイなど他の魚に混じって移植されたことで分布をひろげ、シナイモツゴとの競争を制して急速に置き換わってきました。シナイモツゴは関東地方では絶滅したと考えられており、東北地方でも、周辺水域から隔離された溜池などに限定的に確認されています。
保護のために
 山間部などにあって他の水系と隔離された池などに残存している可能性はありますが、モツゴばかりでは無くブラックバスなど外来魚の侵入によっても絶滅する危険性が高い種類です。シナイモツゴの生息していた場所は水草が多く、周辺も含めて自然が豊かなところに限られています。希少性から販売目的で捕獲される心配もあり、保護の面からも充分な管理が大切です。
側線
 魚の体の中央部のウロコをよく見ると、頭部から尾部の間に点線のように模様があります。これが側線で、水の流れや水圧の変化を感じる感覚器官です。

お問い合わせ

所属課室:長野県水産試験場 

長野県安曇野市明科中川手2871

電話番号:0263-62-2281

ファックス番号:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?