ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 平成30年度 夏休み特別開放を実施しました。(佐久支場、木曽試験地)

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

水産試験場

平成30年度 夏休み特別開放を実施しました。
(佐久支場、木曽試験地)

  今年も、佐久支場、木曽試験地で夏休みの特別開放を行いました。大勢の皆様のご参加をいただきありがとうございました。小中学生の皆さんが魚とふれあい、学んでいる様子を紹介します。  

佐久支場(佐久市)

  佐久支場では、7月27日(金曜日)に「夏休み釣り体験教室」を開催しました。午前と午後の部を合わせて58名の児童と保護者がニジマス釣りに挑戦しました。 

 

仕掛け

 まずは屋内で職員の説明を受けながら、自分たちが使う仕掛けを作りました。輪を使う基本的な結び方でしたが、少々輪が大きすぎても結べていれば大丈夫。約30分で皆完成させました。

 

 釣り

 屋外に出て水路で釣り開始。ミミズの付け方がよくわからない・・・と最初は言っていましたが、午後の部ではあちこちで塩焼きサイズのニジマスが釣れていました。中には30cm以上の残りマスやウグイを釣る子もいました。

 

 つかみどり

最後に行ったニジマスのつかみ取りは大盛況でした。残念ながら釣れなかった子もきっと満足してくれたと思います。

 

 木曽試験地(木曽郡木曽町) 

  水産試験場木曽試験地では、「木曽の高原で魚に触れてみよう!」と題して7月26日(木曜日)に夏休み特別開放を開催しました。

 今年の夏は全国的に記録的な猛暑が続いていますが、さすがにここは標高1,130m。当日は陽射しが強かったものの、日陰に入れば吹く風もさわやかで、「下界」とは異なる心地よい日和でした。

 この日は、木曽郡内から地元の小中学生とその親御さん、そして、近所の別荘地のご滞在中のご夫婦の方がお越しになられました。

 

大王イワナ

えさやり

 

 

 みなさんには、当試験地で飼育中のヤマトイワナやニッコウイワナ、そして、長野県の養殖品種である「信州大王イワナ」などをご覧いただいたり、ニジマスなどに餌やり体験をしていただきました。

 

タッチプール木曽

つかみどり木曽

また、タッチプールでは大イワナに触れたり、冷たい水の中に入ってニジマスのつかみ取りをしてもらいました。
みなさん、「水がすごく冷た~い!」と言ってびっくりしていました。

でも、イワナなどを飼育するにはこの水の冷たさが重要であることも理解していただき、「来年もまた来たいです。」とおっしゃっていました。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県水産試験場 

長野県安曇野市明科中川手2871

電話番号:0263-62-2281

ファックス番号:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?