ホーム > 健康・医療・福祉 > 食品・生活衛生 > 食中毒 > 食中毒発生事例 > 平成22年度長野県食中毒発生事例

ここから本文です。

更新日:2021年4月14日

平成22年度長野県食中毒発生事例

平成22年度における長野県内の食中毒発生事例(平成23年3月31日現在)

No.

発生

月日

摂食

者数

患者

原因食品

原因物質

原因施設

発生要因

措置等

1 4.11 293 159 巻き寿司等 ノロウイルス 弁当屋 調理従事者からの二次汚染 営業停止4日間
2 4.21 3 3 カラーの根茎
(サトイモ科ザンテデスチア属)
植物性自然毒 家庭 キクイモと誤食

-

3 5.6 29 18 学生寮の食事 ノロウイルス 学生寮 調理従事者からの二次汚染

-

4 5.29 19 8 旅館の食事 カンピロバクター・
ジェジュニ
旅館 原材料の汚染、加熱用食肉の加熱不十分、手指・調理器具を介した二次汚染 営業停止4日間
5 6.17 94 32 仕出し弁当 ノロウイルス 飲食店 調理従事者からの二次汚染 営業停止3日間
6 7.23 9 7 おにぎり 黄色ブドウ球菌 旅館 不衛生な調理器具からの汚染、調理従事者からの二次汚染、食品の不適切な温度管理 営業停止4日間
7 7.27 53 19 社会福祉施設の食事 ウエルシュ菌 社会福祉施設 調理済み食品の不適切な温度管理

-

8 8.17 3 3 鶏肉料理
(鶏肉の刺身等)
カンピロバクター・
ジェジュニ
飲食店 加熱用食肉の生及び加熱不十分での提供 営業停止3日間
9 10.8 4 4 ツキヨタケ
(煮物)
植物性自然毒 家庭 きのこの知識不足(知人から「ヒラタケ」として譲り受けたきのこを喫食)

-

10 10.10 3 3 ツキヨタケ
(煮物)
植物性自然毒 家庭 きのこの知識不足(知人から食用と聞き喫食)

-

11 10.11 2 2 クサウラベニタケ(味噌汁の具) 植物性自然毒 家庭 きのこの知識不足(ウラベニホテイシメジと誤食)

-

12 10.19 1 1 ニガクリタケ
(佃煮)
植物性自然毒 家庭 きのこの知識不足(クリタケと誤食) -
13 10.21 1 1 テングタケ
(うどんの具)
植物性自然毒 家庭 きのこの知識不足(採取場所にいた初対面の人から食用と聞き、採取・喫食)

-

14 12.20 16 6 生かき(推定) ノロウイルス 飲食店 原材料の汚染 営業停止3日間
15 2.4 19 15 飲食店の食事

ノロウイルス

飲食店 調理従事者からの二次汚染

営業停止3日間

16 3.1 14 13 旅館の食事

ノロウイルス

旅館 調理従事者からの二次汚染 営業停止4日間
17 3.3 195 50

保育園の給食

ノロウイルス

保育園

調理従事者からの二次汚染 -
18 3.7 29 15 飲食店の食事

ノロウイルス

飲食店 調理従事者からの二次汚染 営業停止4日間
19 3.29 139 28 弁当

ノロウイルス

飲食店 調理従事者からの二次汚染 営業停止3日間

合計

926

387

 

長野市保健所分:6件

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?