ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

有毒きのこによる食中毒に注意しましょう

長野県(健康福祉部)プレスリリース平成29年(2017年)9月15日

例年、秋になると、有毒きのこによる食中毒が集中して発生します。
県では、9月20日から10月19日までの間を「きのこ中毒予防月間」と定め、「きのこ衛生指導員」による鑑別相談などを実施します。
県民の皆様は、次の3つのポイントに注意して、有毒きのこによる食中毒を防ぎましょう。

有毒きのこによる食中毒防止のポイント

1_知らないきのこは採らない、食べない、売らない、人にあげない。
2_食べられるきのこの特徴を完全に覚える。
3_誤った言い伝えや迷信を信じない。

もし、きのこ中毒だと思ったら

すぐに医師の診察を受けましょう。受診の際、原因と思われるきのこが残っている場合は、持参してください。
なお、長野県ではきのこに詳しい方を「きのこ衛生指導員」として委嘱し、きのこに関する正しい知識の普及活動をしています。
きのこ衛生指導員に関するお問い合わせは、最寄りの保健福祉事務所(保健所)の食品衛生相談窓口へお尋ねください。

「有毒きのこにご注意を!」(長野県ホームページ)

※食品衛生法に定める放射性セシウムの基準値を超える値が検出されたことから、野生きのこの採取等について自粛を要請している地域があります。

【参考】平成27年~29年の長野県内における有毒きのこによる食中毒発生状況(H29.9.15現在)

発生年月日 発生場所 摂食者数 患者数 種類 主な症状
H27.10.19 飯山市 3 3 ツキヨタケ 吐き気、嘔吐、下痢

  関連情報

  • 毒キノコによる食中毒に注意しましょう! (厚生労働省ホームページへリンク)
  • 代表的な毒キノコの特徴については「自然毒のリスクプロファイル」をご覧ください。 (厚生労働省ホームページへリンク)

     

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    健康福祉部食品・生活衛生課

    電話番号:026-235-7155

    ファックス:026-232-7288

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?