ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 飯田保健所管内の製造者が製造販売した「医療機関・社会福祉施設向けの業務用加工食品」によるサルモネラ属菌の食中毒が発生しました

ここから本文です。

更新日:2019年10月2日

飯田保健所管内の製造者が製造販売した「医療機関・社会福祉施設向けの業務用加工食品」によるサルモネラ属菌の食中毒が発生しました

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和元年(2019年)10月2日

 

本日、飯田保健所は下伊那郡内の製造者を食中毒の原因施設と断定し、この施設に対し、営業の禁止を命じました。

患者は、この施設で製造され、26都府県の約80施設に販売された医療機関・社会福祉施設向けの業務用加工食品を喫食した17施設の101名で、関係自治体が行った検査により患者便、当該食品の残品からサルモネラ属菌が検出されました。

さらに、松本保健所が行った検査により未開封の当該食品からもサルモネラ属菌が検出されました。

【事件の探知】

令和元年9月25日午後2時頃、下伊那郡内の製造者から、「青森県と岐阜県において、当工場が7月25日に製造した食品を食べた者が体調不良を呈し、その者からサルモネラ属菌が検出された。」旨の連絡がありました。

【飯田保健所による調査結果概要】

  • この施設で製造され、26都府県の約80施設に販売された当該食品を喫食した17施設の101名が、8月22日午前4時頃から発熱、下痢、嘔吐等の症状を呈していました。
  • 患者らは、この施設で製造販売された当該食品を共通して喫食していました。
  • 関係自治体が行った検査により患者便、当該食品の残品からサルモネラ属菌が検出されました。さらに、松本保健所が行った検査により未開封の当該食品からもサルモネラ属菌が検出されました。
  • 患者の症状は、サルモネラ属菌による食中毒の症状と一致していました。
  • 患者を診察した医師から食中毒の届出がありました。 
  • これらのことから、飯田保健所はこの施設で製造販売された当該食品を原因とする食中毒と断定しました。

 

担当部署 健康福祉部食品・生活衛生課食品衛生係
担当者 (課長)吉田徹也(担当)福井秀樹、飯塚春彦
電話 026-235-7155(直通)

026-232-0111(代表)内線2661

ファックス 026-232-7288

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス番号:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?