ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)7月プレスリリース資料 > 大町保健所管内で「苦味の強いユウガオ」による食中毒が発生しました

ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

大町保健所管内で「苦味の強いユウガオ」による食中毒が発生しました

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和元年(2019年)7月18日

大町保健所管内で、「苦味の強いユウガオ」を食べたことによる食中毒が発生しました。

患者は、自宅で栽培したユウガオの煮物を食べた1グループ4名中の3名で、食べる際に強い苦味を感じたとのことでした。

なお、患者は全員快方に向かっています。

【事件の探知】

令和元年7月17日午後0時30分頃、大町保健所に大町市内の医療機関から「自宅で栽培したユウガオを食べて嘔吐、下痢を呈したと思われる患者を診察した。」旨の連絡がありました。

【大町保健所による調査結果概要】

  • 患者は7月16日に自宅で栽培したユウガオを収穫し、同日午後7時頃夕食にユウガオの煮物にして食べたところ、強い苦みを感じ、約30分後に喉の違和感、嘔吐、下痢などの症状を呈しました。
  • 大町保健所が確認したところ、患者が喫食したのはユウガオの煮物でした。
  • 患者の症状は、ユウガオの苦味成分(ククルビタシン類)による症状と一致していました。
  • 患者を診察した医師から、食中毒の届出がありました。
  • これらのことから、大町保健所は「苦味の強いユウガオ」を原因とする食中毒と断定しました。

(参考)ククルビタシン類による食中毒

厚生労働省のホームページ ~自然毒のリスクプロファイル:高等植物:ユウガオ~(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

長野県のホームページ ~激しい苦みのあるウリ科植物にご注意ください~

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 健康福祉部食品・生活衛生課食品衛生係
担当者 (課長)吉田徹也(担当)福井秀樹、飯塚春彦
電話 026-235-7155(直通)

026-232-0111(代表)内線2661

ファックス 026-232-7288

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス番号:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?