ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 長野県庁見学トップページ > 県庁見学こども記者体験 > 障がいのある人が困っていたら声をかけよう!

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

障がいのある人が困っていたら声をかけよう!

1んなが思いつく「障がい」ってなんだろう

目が見えない、耳がきこえない、足が不自由・・・他にもたくさんの障がいがあるんだよ。

障がいのある人がこまっていたら、みんなはどうする?

点字ブロックの上に置かれた自転車に視覚障がい者が困っている画像車いす

 

2障がいのある人がくらしやすい社会に!「信州あいサポート運動」

障がいのある人がくらしやすい社会にするためには、まわりの人達の理かいと思いやりが大切なんだ。

まわりの人達はどんなことをすればいいのかな。

どうしたら障がいのある人がくらしやすくなるかを知って手助けをする運動を「信州あいサポート運動」と言うよ。

たとえば・・・目が見えない人が、横だん歩道でわたれずにいたら、「いっしょにわたりましょうか」と、声をかけてみよう。

みんなも、思いやりの輪を広げる「信州あいサポート運動」に参加しよう!

あいサポートマーク(あいサポートマーク)

こども記者体験コースメニューへもどる

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

電話番号:026-235-7108

ファックス:026-234-2369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)