ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

第36回長野県障がい者スキー大会

36th-ski6708第36回長野県障がい者スキー大会は平成27年(2015年)2月8日(日曜日)に飯綱高原スキー場で開催されました。

大会当日は天候にも恵まれ、男女32人の選手が大回転競技に出場し、日ごろの練習の成果を発揮しました。多くの皆さまからの温かい声援をいただき、ありがとうございました。

なお、大会リザルトは下記をご覧ください。

第36回長野県障がい者スキー大会リザルト(PDF:582KB)

開会式

36th-ski667536th-ski6685

競技

36th-ski6696

(前走は長野市スキークラブのみなさん)

36th-ski6709

(スタートエリアの様子)

36th-ski672636th-ski669736th-ski6725

表彰式

36th-ski673636th-ski673836th-ski6742

体験教室

36ski6748

第36回長野県障がい者スキー大会開催要領(参加申込部分を除く)

目的

この大会は、障がいのある選手が、スキー競技を通じてスポーツの楽しさを体験するとともに、県民の障がい者に対する理解を深め、障がい者の社会参加の促進に寄与することを目的とする。

主催

長野県、特定非営利活動法人長野県障がい者スポーツ協会

共催

長野市

主管

長野市スキークラブ

後援

長野県教育委員会、公益財団法人長野県スキー連盟、長野市スキークラブ、一般社団法人長野市開発公社、一般社団法人飯綱高原観光協会、社会福祉法人長野県身体障害者福祉協会、社会福祉法人長野県視覚障害者福祉協会、社会福祉法人長野県聴覚障害者協会、一般社団法人長野県知的障がい福祉協会、長野県手をつなぐ育成会、社会福祉法人長野県社会福祉協議会、長野県肢体不自由児者父母の会連合会、長野県身体障害者施設協議会、社会福祉法人長野県社会福祉事業団、長野県障がい者福祉センター、長野県障がい者スポーツ指導者協議会、長野チェアスキー協会、長野市障害者スポーツ協会、NPO法人スペシャルオリンピックス日本・長野(順不同)

開催日

平成27年2月8日(日曜日)

会場

長野市飯綱高原スキー場

日程

受付//午前8時30分から9時20分まで

開会式//午前9時20分から9時40分まで

インスペクション(コース下見)//午前9時40分から10時10分まで

競技開始//午前10時30分から

表彰・閉会式//競技終了後

体験教室//午後1時30分頃から1時間程度

大会内容

(1)競技

競技種目は大回転競技とし、タイムレース及び申告タイムレースを行う。なお、希望者はタイムレース、申告タイムレースの両種目に出場できる。

ア.タイムレース

T1(下肢機能障がい男子)

T2(下肢機能障がい女子)

T3(上肢機能障がい男子)

T4(上肢機能障がい女子)

T5(下肢機能障がい〔チェアスキー〕男子)

T6(下肢機能障がい〔チェアスキー〕女子)

T7(視覚障がい男子)

T8(視覚障がい女子)

T9(聴覚障がい男子)

T10(聴覚障がい女子)

T11(知的障がい男子)

T12(知的障がい女子)

イ.申告タイムレース

男子の部(全障がい)

女子の部(全障がい)

(2)体験教室

初心者コース(スキー・チェアスキー・スノーボード)

中上級者コース(スキーのみ、ポール練習)

参加資格

長野県内に居住する身体障害者手帳の所持者及び知的障がい者で、平成26年4月1日現在の満年齢が13歳以上の者。ただし、スキー経験を有し、保護者が出場に同意した者については、上記年齢に満たない者でも参加を認める。

体験教室については、年齢制限を設けない。

競技規則

大会の競技規則は、全日本スキー連盟競技規則に準ずる。ただし、この大会においては、次の事項を加える。

(1)タイムレース競技において、各障がい区分の人数が8名を超えた場合は、組を増設する。

(2)視覚障がい者及び知的障がい者の場合は、伴走者を伴って競技することができる。

(3)申告タイムレースは、申告タイムと滑走タイムの差の少ない者から順位を決定する。

(4)参加者はクラッシュヘルメット又はニット帽子を着用しなければならない。

(5)インスペクション(コース下見)は1回のみとし、ゼッケン番号順に行う。知的障がい者については、コースのフリー滑走を認める。

表彰

各競技の組ごとに1位から3位までにメダルを授与する。

参加費用

無料とする。ただし、交通費、昼食代等の経費は、参加者の負担とする。

健康・安全管理

(1)参加者は、健康状態を十分把握し、服装等安全対策に十分留意の上、自己の責任において参加すること。

(2)参加者は、当日の健康状態を「健康チェックシート」に記入し、受付に提出すること。

(3)大会中の事故について、主催者は応急処置を行なうが、それ以外の責任は一切負わない。

(4)主催者において参加者について傷害保険に加入するが、この保険は、内科疾患などによる入院等については適用されない。

個人情報の取扱い

主催者は、個人情報保護に関する法令を遵守し、取得した個人情報は、大会のプログラム編成及び作成、記録発表、その他競技運営に必要な連絡等に利用する。

氏名等の公表及び肖像権の取扱い

参加者は、以下について了承した上、参加しなければならない。

(1)氏名、性別、障がい区分及び所属(市町村名又は学校名)について、大会プログラムに掲載すること。

(2)氏名、性別、障がい区分、所属(市町村名又は学校名)及び競技結果について、主催者が広報誌、ホームページ等に掲載すること及び報道機関等の取材に応じて回答すること。

(3)主催者及び主催者が許可した報道機関等が撮影した写真及び映像について、障がい者スポーツ振興のために使用すること。

(4)以上のほか、大会参加中の肖像権については、主催者に一任すること。

その他

(1)競技用具は、原則として参加者が持参することとする。

(2)体験教室に使用する用具(チェアスキー)は、貸し出すことができるので、希望者は、事前に大会事務局へ相談すること。

(3)大会当日においてのリフト使用料は、ゼッケン着用中は無料とする。

(4)積雪の状況等で大会を中止する場合は、平成27年2月5日(木曜日)午前中に決定する。

大会事務局

特定非営利活動法人長野県障がい者スポーツ協会

〒381-0008長野市大字下駒沢586

電話番号026-295-3661/FAX026-295-3662/電子メールnsad@nifty.com

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?