ホーム > 健康・医療・福祉 > 障がい者福祉 > パラスポーツに関する情報ページ > 長野県ボッチャ協会

ここから本文です。

更新日:2020年11月14日

長野県ボッチャ協会

ボッチャとは…?

この競技は、重度な障がいのある人ができるよう考案されたスポーツで、正確な投球と戦略が必要な競技です。

ボッチャは、まず「ジャック」と呼ばれる白いボール(目標球)を投げ、後から赤いボール6個と青いボール6個を交互に投げ合い、いかに「ジャック」に近づけることができたかを競う競技です。

個人(1人)、ペア(2人)、チーム(3人)の3種目に分かれており、障がいによって手で投げることができない選手は足でボールをキックしたり、「ランプ」と呼ばれる滑り台のような投球補助具を使って、「競技アシスタント」のサポートを受けてボールを転がします。ただし、「競技アシスタント」は、選手の指示に従い「ランプ」の角度や高さを調節することはできますが、選手にアドバイスをすることやコートの方を振り返ることは禁止されています。

<参考>

長野県ボッチャ協会

県内各地でボッチャの練習会や大会を開催や、日本ボッチャ選手権大会予選会に長野県選手を派遣しています。

メンバー募集中!

長野県ボッチャ協会では、選手・サポーターとなる会員を募集しています。

年齢・性別・経験の有無は問いません。興味のある方はぜひ事務局までお問い合わせください。

お問い合わせ先

長野県ボッチャ協会事務局

〒399-0701尻市広丘吉田1478-4

電話:090-8846-4886FAX:0263-57-5686

 

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?