ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 第18回長野県障がい者スポーツ大会を開催します

ここから本文です。

更新日:2018年9月3日

第18回長野県障がい者スポーツ大会を開催します

長野県(健康福祉部)プレスリリース平成30年(2018年)9月3日

障がいのある選手が競技等を通じスポーツの楽しさを体験するとともに、障がい者に対する県民の理解を深め、障がい者の社会参加の促進に寄与することを目的に大会を開催します。

1主催長野

公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
長野県精神障がい者スポーツ推進協議会

2日時平成30年9月9日(日曜日)

開会式午前9時10分から午前9時40分
競技午前10時から午後4時頃終了


3会場

松本平広域公園陸上競技場ほか(開会式、陸上競技等)
松本市庄内屋内プール(水泳)
X-BOWL松本(ボウリング)
朝日村農業者トレーニングセンター(ソフトバレーボール)
堀金総合体育館(バスケットボール)

4参加者数

1,295人(身体障がい者425人、知的障がい者755人、精神障がい者115人)

5実施種


(1)個人競技陸上競技、水泳、卓球、サウンドテーブルテニス、アーチェリー、フライングディスク、ボウリング
(2)団体競技ゲートボール、バスケットボール(車椅子・ツイン・知的障がい)、ソフトバレーボール

6大会運営に御協力いただく学校及びボランティアの皆さん

(順不同)
松商学園高等学校、エクセラン高等学校、梓川高等学校、松本蟻ケ崎高等学校、松本深志高等学校、豊科高等学校、松本工業高等学校、松本国際高等学校、福祉大学校、松本大学、松本短期大学、日本生命保険相互会社長野支社・松本支社、SAM松本スイミングスクール、ジブラルタ生命保険株式会社、長野県シニア大学の皆様計約300人

7その

(1)本大会の成績を参考にして、来年10月に茨城県で開催される第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」の代表選手が選考されます。
(2)雨天の場合も実施しますが、荒天の場合は中止となる場合があります。

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中


 

担当部署 健康福祉部障がい者支援課社会生活係
担当者 (課長)浅岡龍光(担当)石川遼一郎
電話

026-235-7108(直通)

026-232-0111(代表)内線2397

ファックス 026-234-2369
メール

shogai-shien@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?