ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)11月プレスリリース資料 > 長野県消防学校で火災調査科(第50期)の模擬家屋燃焼実験及び火災原因調査実習を行います

ここから本文です。

更新日:2022年11月22日

長野県消防学校で火災調査科(第50期)の模擬家屋燃焼実験及び火災原因調査実習を行います

長野県(危機管理部)プレスリリース令和4年(2022年)11月22日

火災原因調査等に必要な専門的知識や技能を習得する火災調査科の研修の一環として、実際に建物を燃焼させ、発掘調査、鑑識、損害調査などの実習を2日間にわたり行います。

1日時

令和4年11月24日(木曜日)、25日(金曜日)

1日目:午後2時頃から模擬家屋燃焼実験
2日目:午前9時から火災原因調査実習

2場所

長野県消防学校 火災体験棟北側(長野市篠ノ井東福寺2375-1)

3受講者

火災調査科研修生 37名(県内消防本部職員)

4内容

模擬家屋を燃焼させ消火後、研修生が内部の発掘、原状復元を行い出火箇所と原因を究明し、火災調査書類を作成します。

5その他

(1)火災調査科(第50期)の研修期間
令和4年11月22日(火曜日)から12月7日(水曜日)まで

(2)模擬家屋について
長野技術専門校木造建築科の皆さんが実習で製作したものです。(木造平屋建て約10平方メートル(3坪)民家の居室を想定)

(3)報道関係の皆様へのお願い
11月24日(木曜日)、25日(金曜日)の両日とも取材可能ですが、事故防止及び実習に支障が生じないよう、係員の指示に従ってください。

【消防機関の行う火災原因調査】
火災の発生状況、出火原因、損害状況等を調査し、その要因を分析することにより、類似火災の防止と被害の減少に役立てることを主な目的とします。火災の現場において、その火災の原因を究明することは、人命救助及び消火活動と共に消防機関の重要な任務です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理部消防課

担当者名:(課長)柳沢 剛(担当)北島 龍

電話番号:026-235-7182

ファックス番号:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?