ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 今後の消防防災航空体制のあり方を検討するため、検討会を設置します

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

今後の消防防災航空体制のあり方を検討するため、検討会を設置します

 

長野県(危機管理部)プレスリリース平成29年(2017年)5月26日

 今後の消防防災航空体制のあり方について、県、市町村、消防本部が一体となって検討する場として、「消防防災航空体制のあり方検討会」を設けます。

 

1 名 称

 検討会の名称は、「消防防災航空体制のあり方検討会」とする。

 

2 検討する事項

 〇 当面の消防防災航空体制について

 〇 中長期的な消防防災航空体制について

 

3 組 織

 【検討会】

 座長は、県危機管理監兼危機管理部長の池田秀幸が務め、委員については、市町村4名、消防長4名にお願いする。

 ※別添名簿のとおり

 

 【作業部会】

 座長:消防課長

 委員:市町村(4名)、消防本部(13名)、航空センター長   計19名

 

 ※オブザーバーとして、航空専門家などから随時意見を聴取

 

 

担当部署 危機管理部消防課
担当者

 (課長)花岡 徹 (担当)前沢直隆 

電話

 026-235-7407(直通)

 026-232-0111(代表) 内線5202

ファックス  026-233-4332
メール  shobo@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)