ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 中央アルプス国定公園(仮称)公園計画の長野県案を決定しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

中央アルプス国定公園(仮称)公園計画の長野県案を決定しました

長野県(環境部)プレスリリース平成31年3月15日

この度、地元自治体をはじめ関係者の皆様のご意見を反映した公園計画の長野県案を決定するとともに、国定公園化を契機とした利活用の方向性を取りまとめましたのでお知らせします。

1国定公園化の趣旨

中央アルプス県立公園は国内でも有数の氷河地形を有しており、多くの観光客が訪れる中、これらの希少な自然が人の活動による影響を受けやすくなっています。そこで、この公園を国定公園とし、県立自然公園では設定できない「特別保護地区」を設定することにより、希少な自然の一層の保護を図ります(資料1)。また、あわせて国定公園化による知名度の向上を活かし、適正な利活用の推進を図ります(資料2)。

2国定公園化のポイント

  1. 現行の県立自然公園の指定区域を国定公園にそのまま移行します。
  2. 現在の第1種特別地域の中に、次の地域を新たに「特別保護地区」を設定します。
    千畳敷カール、濃ヶ池(氷河湖)、ペーブメント等希少な氷河地形のある駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅から北の木曽駒ヶ岳方面地域
  3. 県立自然公園で最も規制の厳しい第1種特別地域では、指定された種の動植物の捕獲・採取が禁止されますが、特別保護地区ではすべての動植物の捕獲・採取が禁止されます。

3今後の予定

中央アルプス県立公園の指定解除等について3月19日(火曜日)開催予定の県環境審議会に諮問し、ご了解をいただいた後、環境省に国定公園の指定の申し出を行う予定です。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部自然保護課

担当者名:山崎尊司

電話番号:026-235-7178

ファックス番号:026-235-7498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?