ホーム > 県政情報・統計 > 市町村・地域 > 地域振興 > まちむら寄り添いファシリテーター養成講座

ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

対話と学びで地域をつくるワークショップデザインを学ぶ
まちむら寄り添いファシリテーター養成講座

10年後、20年後に向けて持続可能な地域づくりを目指し、自分たちの地域の価値や可能性、課題を捉えなおし、住民が主体となった活動の芽を産み育てる「対話を通じた学びの場」を、地域住民の方々と共に作っていく方法を、座学と活動実践を組み合わせて学んでいきます。

 講座の概要

詳細は講座概要資料をご覧ください

平成30年6月13日:概要資料を修正し、アップロードしなおしました(第3回講座の場所を修正)

まちむら寄り添いファシリテーター養成講座 概要資料(PDF:1,136KB)

(1) 主催

長野県及び長野県教育委員会

(2) 期間

平成30年6月~平成31年3月(全8回)

(3) 講師

広石 拓司 氏(株式会社エンパブリック代表取締役) 

新 雄太 氏(東京大学大学院工学系研究科特任助教) ほか

(4) 受講料

無料 (受講に要する交通費、宿泊費、その他必要経費は自己負担)

(5) 定員

50名程度

(6) 対象者

  • 県内に居住または勤務する方
  • 特段の事情がない限り、すべてのカリキュラムに参加できる方
  • 受講後2年間、県のフォローアップを受けながら「対話を通じた学びの場づくり」等の活動を行う意欲と見込がある方

受講生の募集について

平成30年6月13日:募集を開始しました!(~7月9日まで)

第1回オープン講座に参加できない方も申込いただけます(第2回以降は原則として全て出席できる方に限ります)。
応募者多数の場合は書類選考を行います。

以下の募集要項に従い7月9日(月曜日)までにお申し込みください

 

第1回オープン講座「持続可能な地域をつくる視点・視座を学ぼう、体験しよう」 

どなたでもご参加いただけます(要申込) チラシをご覧ください

第1回オープン講座チラシ(PDF:750KB)

第1回目はオープン講座として、持続可能な地域を考えるために必要な視点や考え方についての講義とともに、実際の事例を様々な視点から分析する体験を通じて、多様な主体による対話と学びの大切さを学びます。 

(1) 日時

平成30年6月23日(土曜日)

13時00分~17時00分(12時30分開場)

(2) 会場

塩尻市市民交流センター(えんぱーく)3階 多目的ホール

(3) プログラム

  1. 講座の説明
  2. 導入講義
  3. 地域づくり事例紹介
  4. 事例分析ワーク
  5. まとめ

(4) 参加申込

下記の申込フォーム(ながの電子申請サービス)からまでにお申し込みください

期限:6月18日(月曜日)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部地域振興課

電話番号:026-235-7023

ファックス:026-235-7397

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?