ホーム > 教育・子育て > 教育・学校 > 私立学校 > 私立高等学校等奨学給付金について

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

長野県私立高等学校等奨学給付金申請のご案内について

令和元年度の受付は終了しました。

令和元年度の申請についてのご案内です。

 長野県では、全ての意志ある生徒が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費の負担を軽減するため、平成26年4月以降に私立高等学校等に入学した高校生等のうち、一定の所得以下の世帯に対して奨学給付金の支給を行います。要件に該当し、受給を希望される方は、期限までに申請書等を提出してください。
 
この奨学給付金は、返済不要です。

令和元年7月1日が基準日となる未申請の方へ

 11月29日(消印有効)までに申請があった場合は受け付けます。

 ※11月29日以降に申請があった場合、理由の如何にかかわらず、当該年度分の支給はできませんのでご注意ください。

 ※10月7日以降に提出があった場合は、10月7日の申請期限までに提出された場合より支給が遅れることがあります。

1 支給対象者

 令和元年7月1日(基準日)現在、次の全ての要件に該当する世帯

 (1)対象となる高校生等が、平成26年4月1日以降に高等学校等就学支援金の支給対象校に入学し在籍
 していること。
 *7月1日に休学している場合又は7月2日以降に入学した場合の基準日は異なります。
  注意事項(2)をご確認ください。

 (2)保護者等(親権者)が長野県内に住所を有すること。(住民票を有していること)

 (3)保護者等全員の令和元年度の道府県民税所得割額及び市町村民税所得割額が0円(非課税)、又は
 生活保護(生業扶助)を受けていること。

  注意事項

 (1) 「高校生等」には、次の者は含みません。(支給対象外です)

 ア 特別支援学校の高等部に在学している者

 イ 児童福祉法による児童入所施設措置費等の支弁対象となる高校生等で、見学旅行費又は特別
  育成費が措置されている者(母子生活支援施設の高校生等を除く)

 (2) 7月1日に休学している又は7月2日以降に入学する場合の基準日は次のとおりです。

 ア 7月2日以降10月1日までの間に入学した場合は、入学日が基準日です。
 例 入学日10月1日 → 基準日10月1日

 イ 7月1日に休学している者が7月2日以降10月1日までの間に復学した場合は、復学日が基準日
 です。
  例 7月1日に休学していた者が9月1日に復学 → 基準日9月1日

 (3) 10月2日以降に入学した場合は、当該年度の給付金の支給対象外となります。

 *7月2日以降に入学する者について、すでに他の都道府県等から同様の給付を受けている場合
 には(申請を行っている場合等を含む)、今年度は長野県に申請はできません。

2 支給額 

 支給額は、次のとおり世帯区分及び世帯における高校生等の人数により異なります。

生活保護受給世帯(生活保護法第36条の規定による生業扶助が措置されている世帯) 

高校生等1人あたり年額52,600円

 

保護者等全員の令和元年度の道府県民税所得割及び市町村民税所得割額が非課税である世帯

全日制・定時制に在学する高校生等 第1子

 年額98,500円

全日制・定時制に在学する高校生等 第2子以降 ※

1人あたり年額138,000円

通信制に在学する高校生等

 1人あたり年額38,100円

 *世帯に支給対象である高校生等以外に15歳(中学生除く)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹が
 いる場合、支給対象の高校生等は第2子以降の支給額となります。

 3 申請手続 

  在籍する学校が長野県内の場合と長野県外の場合で、提出する書類や提出方法が異なりますので、確認
のうえ提出してください。

 【長野県内の私立高等学校等に在籍する方】

 学校からご案内をしますので、学校の定める期限までに学校に申請書類を提出してください。


 【長野県外の私立高等学校等に在籍する方】

 申請書等に必要事項を記入し、添付書類と共に、郵送等により直接下記宛先まで提出してください。

 〒380-8570
 長野県長野市大字南長野字幅下692-2
 長野県 県民文化部 私学振興課 あて

 ※封筒の表面に 「私立高等学校等奨学給付金申請書類在中」と記入をお願いします。

 申請のご案内リーフレット 

 制度の内容等を取りまとめて記載していますので、ご確認ください。

 令和元年度長野県私立高等学校等奨学給付金申請のご案内(PDF:344KB)

 給付金支給対象者確認シート(PDF:540KB)

 世帯構成パターン図(PDF:634KB)

 扶養関係パターン図(PDF:1,038KB)

4 申請書類

申請者全員が提出するもの

 *用紙は両面印刷してください。記入にあたっては、別紙及び記入例をご確認のうえ、誤り等の
  ないよう記入してください。

 別紙(PDF:197KB) 申請書記入例(PDF:453KB)

   台紙(PDF:66KB)

 世帯に基準日現在、【1 対象となる高校生等について】の欄に記入した者以外に、15歳(中学生を除く。)以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる場合には、【1 対象となる高校生等について】の欄に記入した者を基準[本人]とし、その者以外の15歳以上(中学生を除く。)23歳未満の兄弟姉妹を記入してください。(兄弟姉妹が高等学校等に在学している場合は、課程(全日、通信等)を必ず記入してください。)

台紙には、保険証の写し(生徒本人と15才(中学生を除く)以上23才未満の被扶養者全員)及び申請者の振込金融機関の通帳表紙の裏面の写しを貼付してください。

    委任状記入例(PDF:109KB)

 *給付金の受領を私立高等学校等の第三者に委任する場合は、長野県私立高等学校等奨学
  給付申請兼口座振込依頼書(様式第1号)とともに、上記委任状を提出してください。

 

 *長野県外の私立高等学校等に在籍する方は、証明を受けて提出してください。
 (長野県以外が認可した広域通信制高校やそのサポート校等に在籍する場合を含みます。) 

 世帯区分に応じて提出する書類 

 【生活保護(生業扶助)を受けている世帯】

 生業扶助を受けていることが証明されていれば、福祉事務所長が発行する従来の様式でもかまいません。
 

 【保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税の世帯】

  • 保護者等全員の令和元年度の課税(非課税)証明書等 (原本を提出してください)

 *長野県への高等学校等就学支援金の申請ですでに提出している場合またはマイナンバーカードの写し等を提出した場合には、新たな提出は不要です。

  • 15歳以上23歳未満の子(1人は生徒本人)の健康保険証等の写し

 *国民健康保険証の写し添付する場合は、申請書裏面の誓約事項の欄で扶養申し立てを行ってください。

 

基準日

申請期限

 

令和元年7月1日

令和元年10月7日(月曜日)

令和元年11月29日(金曜日)

消印有効

 

令和元年7月2日~10月1日

令和元年11月29日(金曜日)
消印有効

最終申請期限

5 申請期限

  • 基準日により申請期限を2回に分けています。
     (長野県内の学校の場合は、学校から連絡のあった期限までに提出してください。)
  • やむを得ない場合を除いて、基準日ごとに定めた提出期限にて提出をお願いします。
  • 最終申請期限以降に提出された書類については、理由の如何にかかわらず、当該年度分の
    支給はできません。
     

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部私学振興課

電話番号:026-235-7058

ファックス:026-235-7499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?