ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 【長野県クラウドファンディング活用促進事業】「地元産リンゴを使ったブランデーを作りたい!」信州まし野ワインがクラウドファンディングに挑戦中です

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

【長野県クラウドファンディング活用促進事業】「地元産リンゴを使ったブランデーを作りたい!」信州まし野ワインがクラウドファンディングに挑戦中です

長野県(産業労働部)プレスリリース 平成30年(2018年)1月12日

長野県は「クラウドファンディング活用促進事業」により、クラウドファンディングを活用して、新たな商品・サービスの開発やファンづくりを行う事業者を支援しています。

今回、本事業で支援している信州まし野ワイン㈱が、地元産リンゴを使用したブランデーや高級シードルを生産するためのクラウドファンディングを開始しましたので、お知らせします。

※クラウドファンディング…WEBを介して不特定多数の人から事業資金を調達する仕組み。その性質から、事業のテストマーケティングやプロモーションにも活用されている。

実行者  

信州まし野ワイン株式会社(下伊那郡松川町)

趣旨    

信州まし野ワイン株式会社は、平成3年(1991年)の創業以来、地元産の果物を原材料とするワインやジュースの製造・販売を行ってきました。

この度、国内でも例の少ないアップル・ブランデーの製造やシードルの更なる普及を目指し、クラウドファンディングを実施します。事業実施にあたっては、松川町の果樹産業とも連携し、地域のフラグシップとしての期待を担います。

資金用途   

商品生産のための原材料、設備費用など

募集額   

1,140万円

募集期限   

平成30年10月31日(水曜日)まで(目標額に到達し次第、終了)

出資額    

42,000円~/口

リターン   

出資金額に応じた分配金額のほか、製造されたブランデー・シードル(詳細は事業掲載サイトをご確認ください)

事業掲載サイト  

「セキュリテ」:ミュージックセキュリティーズ㈱ 運営

(事業紹介HP)https://www.securite.jp/fund/detail/4097

 

 


この取組は、しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)の政策推進の基本方針「1『貢献』と『自立』の経済構造への転換」に基づくものです。
しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署

産業労働部 産業立地・経営支援課

創業・サービス産業振興室 サービス産業創出係

担当者 (室長)町田 直樹 (担当)中島 宏樹 
電話

026-235-7198(直通)

026-232-0111(代表) 内線2966 

ファックス 026-235-7496 
メール service@pref.nagano.lg.jp 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?