ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 信州未来アプリコンテスト0(ZERO)データ分析・利活用体験イベント「HackDay」を開催します!

ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)データ分析・利活用体験イベント「HackDay」を開催します!

長野県(企画振興部)プレスリリース令和元年(2019年)8月30日

現在応募受付中の「信州未来アプリコンテスト0(ZERO)」のうち、主にDataDivision(データ区分)の応募作品開発のヒントとするため、長野県の観光・交通アプリ「信州ナビ」の利用データ等を題材とした、新たなアプリやサービスのアイデアをみんなで考えるイベント、「HackDay(ハックデイ)」を開催します。

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)とは?

「0(ゼロ)」から「1(イチ)」を生み出そうとするクリエイティブな若者を応援する、アプリケーション開発のコンテストです。

【募集テーマ】(応募締切:令和元年(2019年)11月5日(火曜日)

  1. IdeaDivision(アイデア区分)
    自由なテーマで、オリジナルのアプリを開発してください。
  2. DataDivision(データ区分)
    データから課題を読み取り、解決につながるようなアプリを開発してください。活用するデータは、適切に閲覧・利用できる範囲のものであればなんでもかまいません。

→テーマ2.の作品開発のヒントとするため、HackDayを開催

HackDayについて

データから現状の課題を分析し、その課題を解決するための新たなアプリのアイデアを考え、開発し発表するハッカソンイベントを開催します。今回のイベントでは、長野県の観光・交通アプリ「信州ナビ」の利用データ等を主な題材とします。
開発した作品は、信州未来アプリコンテストへエントリーすることも可能です。

開催日時

令和元年10月19日(土曜日)・20(日曜日)各日10時から16時まで
※2日間のイベントです。両日ともご参加ください。
※詳細はHP(https://shinshu-futureapp.net/)をご確認ください。

開催場所

信州・学び創造ラボ(長野市若里1-1-4県立長野図書館内)

対象

29歳以下の方(未経験者や小・中学生も歓迎します)

定員

20名(参加費無料、先着順)

申込方法

下記の情報を事務局あてメール送信(app-contest@pref.nagano.lg.jp)にてご応募ください。

  1. 基本情報(住所、氏名、年齢、電話番号、持ち込みPCの有無)
  2. プログラミングの経験(やったことがない/やったことがある/作品を作ったことがある/専攻している又は仕事にしている)
  3. (プログラミング経験者のみ)使ったことのある言語

※HackDayに参加しなくても、DataDivisionに応募することは可能です。また、HackDayの参加有無が審査に影響することはありません。

お問い合わせ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?