ホーム > 長野県精神保健福祉センター > 情報提供 > アルコール関連問題啓発週間2019(11月10日から11月16日まで)

ここから本文です。

更新日:2019年10月28日

精神保健福祉センター

アルコール関連問題啓発週間2019(11月10日から11月16日まで)

アルコール関連問題とは?

 

お酒は私たちの生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、不適切な飲酒(多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等)は心身の健康障害(アルコール健康障害)の原因となります。さらに、アルコール健康障害は、本人の健康問題であるだけでなく、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などのさまざまな問題にも密接に関連します。

 

アルコール健康障害対策基本法により、毎年11月10日から11月16日までは「アルコール関連問題啓発週間」と定められています。

精神保健福祉センターの取り組み

アルコール依存症ミニ家族講座(参加費無料/申込み不要)

ご家族のアルコール問題について「健康を害してまで飲み続ける。」「飲酒によるトラブルを起こす。」「飲酒問題により家族関係が悪化した。」などで、悩んでいませんか?

アルコールはストレスを緩和させたり、余暇の楽しみとプラスの効果もある一方で、強い依存性があり不適切な飲酒により依存症に陥る心配があります。依存症になると本人の意思の力や家族の管理だけで回復することは困難です。しかし家族がアルコール依存症という病気に対する正しい知識を学び適切な対応をとることが本人の回復につながります。

このミニ講座ではアルコール依存症の基本の講義と、回復者の方の体験談を通じて学びを深めるきっかけとなるよう開催します。参加費無料、申込み不要です。お気軽にご参加ください。

日時 令和元年11月14日木曜日13時30分から15時30分まで
会場 社会福祉総合センター2階研修室(長野市若里7ー1ー7)
内容

講義「アルコール依存症を正しく理解しよう」

わかち合い「回復者や家族の体験談」

パネル展示

「アルコール関連問題啓発週間」に合わせて、長野県精神保健福祉センター(長野県社会福祉総合センター1Fロビー)にて、アルコール関連問題に関するパネル展示や各種チラシ設置を行っています。

 

アルコール関連問題の普及啓発パネルです。

 

依存症問題のご相談

個別相談

アルコール依存問題をはじめ、薬物やギャンブルの依存問題について、電話相談や来所による相談(要予約)を行っています。また、当事者・家族のグループミーティングを定期的に行っています。まずは、お電話でご相談ください。

依存症相談ホットライン電話番号

026-227-1810

相談日 月曜日から金曜日まで(祝日、休日、年末年始は休み)
時間 8時30分から17時15分まで

 

依存症当事者グループ

依存症に関する正しい知識や理解を深め、依存しない生活を目指す仲間が集まりミーティングをしています。長野会場で月2回、松本会場で月1回開催しています。

依存症家族グループ

同じ悩みを持つ家族と気持ちを共有しながら、本人への対応などを話し合うグループです。長野会場で月2回開催しています。

 

お知らせ

  • 現在ありません。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県精神保健福祉センター 

長野県長野市若里7-1-7

電話番号:026-227-1810

ファックス番号:026-227-1170

メール、手紙、ファックスによる相談はお受けしていません。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?