ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 下水道 > 長野県流域下水道 > 千曲川流域下水道(上流処理区)事業

ここから本文です。

更新日:2019年1月15日

千曲川流域下水道事業 上流処理区

○関連市町:長野市・千曲市・坂城町

事業着手 平成2年度
供用開始 平成8年10月1日
処理場名 上流処理区終末処理場(愛称:アクアパル千曲)

 

愛称:アクアパル千曲(平成8年7月決定)

 「アクア」はラテン語の水、「パル」は英語で”仲間、友達”、イタリア語で「パルコ」の公園を意味し、水と緑に囲まれた自然豊かな処理場が、みなさまに親しまれ、愛していただける施設となるよう命名。

シンボルマーク(平成8年7月決定)千曲川の頭文字「C」をモチーフに、水色は、美しく輝き流れる千曲川を表し、千曲川流域下水道上流処理区終末処理場により浄化される水をイメージし千曲川に汚水が流入することなく流域をガードする流域下水道処理場を表現しています。上流処理区は、長野市南部・千曲市(旧更埴市・上山田町・戸倉町)・坂城町を計画処理区として平成2年度に着手し、平成8年10月1日に一部供用開始をしました。上流処理区内には、平成10年2月に開催された長野オリンピックの主要な施設があり、世界のNAGANOを大きく支えました。

▲このページのトップへ

計画概要

  全体計画

現況(平成29年度末)

市町村数 3市町 3市町
処理面積 7,097ha 5,723ha
処理人口 162,327人 179,197人
幹線数 5幹線 5幹線
延長 47.6km 47.6km
ポンプ場 1箇所 1箇所
事業費 1,177億円 851億円
関連公共事業費 1,985億円 1,641億円
普及率 -

96.9%

▲このページのトップへ

管内図

 

▲このページのトップへ

処理場概要(上流処理区終末処理場:アクアパル千曲)

  全体計画 現況(平成29年度末)
処理場面積 14.0ha 14.0ha
水処理能力 87,500m3/日 62,500m3/日
系列・池数 7系列7池 5系列5池
汚泥処理 濃縮→消化→脱水→焼却→有効利用 濃縮→消化→脱水→焼却→有効利用
放流渠 0.2km 0.2km

処理場概要

  千曲川上流処理区処理場概要

 

お問い合わせ

環境部生活排水課

電話番号:026-235-7320

ファックス:026-235-7399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?