ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)9月プレスリリース資料 > 令和2年度末における長野県の汚水処理人口普及率(下水道等普及率)がまとまりました

ここから本文です。

更新日:2021年9月3日

令和2年度末における長野県の汚水処理人口普及率(下水道等普及率)がまとまりました

 国土交通省、農林水産省、環境省において、令和2年度末における全国の汚水処理人口普及状況が取りまとめられ、長野県の汚水処理人口普及率は98.0%となりました。県内の汚水処理区域内人口が減少したことにより、昨年度より0.1ポイント減少し、全国順位は第7位でした。

 今後も、豊かな自然環境を保全し、快適で暮らしやすいまちづくりのため、長野県「水循環・資源循環のみち2015」構想を推進し、市町村と連携しながら生活排水対策の取組を進めていきます。

1 汚水処理人口普及率※1

事業種別

令和2年度末

普及率(%)

全国

順位

長野県

全国※2

下水道

84.3

80.1

10

農業集落排水施設等

8.1

2.5

浄化槽、コミュニティ・プラント

5.6

9.5

98.0

92.1

 

※1 汚水処理人口普及率とは、下水道、農業集落排水施設等、浄化槽(合併処理浄化槽)及びコミュニティ・プラントの汚水処理施設の普及状況を統一的に表現したもので、総人口に対する下水道、農業集落排水施設等の供用開始公示区域内人口と、浄化槽、コミュニティ・プラントによる処理人口の合計人口の割合。

※2 令和2年度調査は、東日本大震災の影響により、調査不能な市町村(大熊町、双葉町、葛尾村)を除いた集計データを用いている。普及率は四捨五入を行ったため、合計が合わないことがある。

2 長野県の汚水処理人口普及率の推移

別添資料のとおり

3 市町村別汚水処理人口普及率

別添資料のとおり

4 国の公表資料

以下のホームページをご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo13_hh_000477.htm

 

参考

~長野県「水循環・資源循環のみち2015」構想とは~

 生活排水施設を整備し、これを適切に管理運営し、汚水処理事業を将来にわたって安定的に継続するため、そして、汚泥の利活用などにより循環型社会の構築に向けた役割を果たしていくための持続可能な生活排水対策ビジョン。

 長野県では、本構想に基づき、県と市町村が連携しながら生活排水対策の取組を進めている。
詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.pref.nagano.lg.jp/seikatsuhaisui/infra/suido-denki/gesuido/michi2015.html

 

関連資料

210903プレスリリース資料(PDF:1,036KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部生活排水課

担当者名:(課長)中島俊一(担当)宮坂陽子

電話番号:026-235-7321

ファックス番号:026-235-7399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?