ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)8月プレスリリース資料 > ~「触れる美術作品」と「映像作品」をみんなの力で制作したい!~ 「新美術館みんなのアートプロジェクト」の寄付募集を開始しました

ここから本文です。

更新日:2019年8月5日

~「触れる美術作品」と「映像作品」をみんなの力で制作したい!~
「新美術館 みんなのアートプロジェクト」の寄付募集を開始しました

長野県(総務部、県民文化部)プレスリリース 令和元年(2019年)8月5日

長野県信濃美術館本館は令和3年度開館を目指し、現在建替え工事を行っています。
 新しい県立美術館には、無料で作品を鑑賞することができる「屋根のある公園」ゾーン等に展示するコンテンツとして、触れる美術作品と映像作品を新たに制作し、開館時に展示します。
 誰もがあらゆる感覚を使って美術を楽しむとともに、普段美術に関心のない方にも興味をもってもらい、アートが身近に感じられる場所へ皆さんと一緒に育てていきます。

新美術館 みんなのアートプロジェクト 

 長野県は、「信濃美術館整備基本構想(H28.11策定)」の検討段階から、県下各地で意見交換会やワークショップを開催するなど、「県民参加による美術館づくり」に取り組んできました。
 これまでの要望を踏まえ、観るだけでなく、触れたり、音を聞いたり、身体のあらゆる感覚を使って鑑賞できる作品を、県内外で活躍しているアーティストに制作してもらい、開館後に展示します。
 この委託制作に必要な費用を調達するため、クラウドファンディング型の寄付募集に挑戦します。

目標金額:2,000万円

募集期間:令和元年8月2日から令和2年3月31日まで(243日間)

寄付の使い道

 次の作品の委託制作費に活用します。

(1) 触れる美術作品

新しい美術館の2階ギャラリーに展示する作品(制作者4名)を委託制作します。

【委託制作者】 ※各作家の経歴は別紙(PDF:90KB)をご覧ください。

  • 金箱 淳一
  • 中ハシ克シゲ
  • 西村 陽平
  • 光島 貴之

(2) 映像作品

 新しい美術館の1階交流スペースの壁面に投影する作品(制作者2名)を委託制作します。

【委託制作者】※各作家の経歴は別紙(PDF:90KB)をご覧ください。

  • 榊原 澄人
  • ユーフラテス

特典

1万円以上のご寄付の方には、寄付者銘板にお名前を掲出します。また、開館後、委託制作者の解説付き見学会にご招待します。

※その他、寄付金額に応じた特典をご用意いたします。詳細は近日中に寄付募集サイトに掲載します。

寄付の方法等

 QRコード

次の寄付募集サイト(外部サイト)において、寄付を受付けています。

「新美術館 みんなのアートプロジェクト」募集サイトhttps://www.furusato-tax.jp/gcf/590

※クレジットカード決済以外の方法を希望される場合は、書面によるご寄付のお申出により、受け付けいたします。詳しくは、ふるさと信州寄付金ホームページ(http://nagano.tax-furusato.jp/)をご参照ください。

※目標額に達しない場合も、集まった金額をプロジェクトへ活用させていただきます。

また、目標金額以上の寄付をいただいた場合もプロジェクトに活用させていただきます。

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部文化政策課信濃美術館整備室

担当者名:(室長)日向修一(担当)細野毅

電話番号:026-235-7283

ファックス番号:026-235-7284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?