ホーム > 教育・子育て > 文化・芸術 > 信濃美術館整備に関する情報 > 信濃美術館(本館)の実施設計がまとまりました ~ 信濃美術館の施設概要 <ランドスケープ・ミュージアム> ~

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

信濃美術館(本館)の実施設計がまとまりました

平成29年7月に開催した「キックオフ・フォーラム」を皮切りに、「県民リレー・ワークショップ」など、設計者が直接県民の皆様と対話しながら設計の検討を進めてきましたが、平成30年9月に実施設計がまとまりました。概要は以下のとおりです。

信濃美術館の施設概要<ランドスケープ・ミュージアム>

敷地全体

善光寺側から見た敷地全体のイメージ

1 建物(本館)の概要

        所在地 長野市箱清水(城山公園内)
        延床面積 10,000平方メートル
        構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、地上3階・地下1階

 

 

 

 

2 設計者

 株式会社プランツアソシエイツ(東京都中野区)

  代表取締役 宮崎 浩

 

3 設計の特徴

「信濃美術館整備基本構想(平成28年11月策定)」に示した4つのコンセプト

  ・ランドスケープ・ミュージアム

  ・美術による学びの支援

  ・信州の地域文化の多様性を活かす

  ・世界水準の美術作品の展示と信州美術の紹介

を踏まえた上で、隣接する東山魁夷館や善光寺などとの関係に配慮した「つながる美術館」として設計しました。

 

4 建築のコンセプト

ランドスケープ・ミュージアム

善光寺側から東側道路に至る高低差を活かし、建物が突出することなく、周辺の風景の中に溶け込むことを大きなコンセプトとしています。その上で、城山公園全体の歴史と将来像を考えながら、公園だけでなく、善光寺東公園や東側神社の杜との連続性を意識して、ランドスケープと建築を一体的に計画しました。

ユニバーサルデザイン

公園と1階、南側道路と2階、さらに東側道路と3階を接続し、3つのレベルに対応した床レベルを設定することで、地階を除く全ての階が水平移動のみで入館できます。年齢や障がいの有無に関わらず、全ての人々が美術に親しむことができます。

「屋根のある公園」

新しい信濃美術館は、国宝を含む多様な作品の展示に対応できる「公開承認施設」の条件を満たす一方、県内の美術団体や県民が多目的かつ自由に利用できるスペースへの要望に応え、公園との一体利用を視野に入れた「屋根のある公園」と呼ぶ新しいスペースを創出しました。

 

東側道路・屋上広場から善光寺を望む

東側道路・屋上広場から善光寺を望む

屋根のある公園(交流スペース)

屋根のある公園(交流スペース)

5 今後の予定

 スケジュール

  • 信濃美術館本館は、2021年度開館予定
  • 東山魁夷館は、2019年秋にリニューアル・オープン予定

 

6 総事業費(概算)

106億円

平成30年9月補正 債務負担行為設定額 92億25万9千円

 

 

主な施設の概要と特色

施設全体の平面図 各階平面図(PDF:312KB)別ウィンドウで開きます)

 

 

 交流スペース(1階)

交流スペース

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 318平方メートル

 ・天井高さ : 3.25メートル

  [特色]
 

 ・誰でも気軽に憩うことができるフリースペース

 ・ワークショップや、創作体験プログラムなどに使う多目的スペース

 ・作家の創作過程を公開するオープンギャラリーを一角に設置

 ・映像作品を投影する連続した2面の壁面(L字型)を設置

 

エントランスホール(1階)

エントランスホール

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 515平方メートル

 ・天井高さ : 3~12.85メートル

  [特色]
 

 ・東山魁夷館と向かい合い、本館への主要アプローチとなる3層吹抜けのスペース

 ・本館のメインエントランスとして来館者動線をさばくだけでなく、式典や小規模イベント、団体来館者への案内等、多目的な利用が可能

 ・独立したエレベータや大階段などを配する開放的な空間

 

県民ギャラリー(地下1階)

県民ギャラリー

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 493平方メートル

 ・天井高さ : 4.2メートル(一部3.2メートル、5.2メートル)

  [特色]
 

 ・美術団体や自主グループの展覧会等、県民の作品発表のための施設

 ・可動パネルを使って、規模に応じた分割利用が可能

 ・駐車場から専用エレベータを使って直接作品の搬入が可能

 

多目的ルーム(地下1階)

多目的ルーム

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 307平方メートル

 ・天井高さ : 4.3メートル(一部4.65メートル)

  [特色]
 

 ・講演会やシンポジウム、連続講座、ミュージアムコンサートなどを行う施設

 ・簡易収納ステージを備え、客席数はおよそ160席まで対応

 ・ステージを収納することにより、フラットで汎用性のある施設としても利用可能(県民ギャラリーとの一体利用も可能)

 

展示室D(1階)

展示室D

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 517平方メートル

 ・天井高さ : 3メートル(吹抜部分:7.2m)

  [特色]
 

 ・「展示空間の顔」ともなる、来館者の期待を高める空間

 ・2層吹抜けの空間は大型の現代美術等の展示が可能

 

 

展示室A(2階)

展示室A

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 439平方メートル

 ・天井高さ : 4.2メートル

  [特色]
 

 ・収蔵品の展示をメインとし、洋画・日本画・工芸など、ジャンルごとの展示を想定した3つのエリアで構成

 ・可動パネル、自立展示ケース等を備え、回遊性のある動線により、多様な鑑賞が楽しめる展示空間

 

展示室B・C(2階)

展示室B・C

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 884平方メートル

 ・天井高さ : 4.2メートル

  [特色]
 

 ・企画展のための展示施設で、国宝・重要文化財の展示のための環境条件を満たす仕様

 ・壁面展示ケース、可動展示壁を使ってさまざまな展示計画に柔軟に対応可能

 

アート・ライブラリー(1階)

アート・ライブラリー

  [施設概要]
 

 ・部屋面積 : 165平方メートル

 ・天井高さ : 3メートル

  [特色]
 

 ・美術に関する書籍、展覧会カタログ、雑誌・新聞等を備えた閲覧や調査・研究のための施設

 ・一般来館者のための閲覧室のほか、研究者のためのスペースを設置

 

屋上広場(3階)

屋上広場

  [施設概要]
 

 ・面積 : 1,785平方メートル

  [特色]
 

 ・善光寺を望む展望広場として東側道路から直接アプローチが可能な屋上のフリースペース

 

 

 

待合プラザ

待合プラザ

  [施設概要]
 

 ・延床面積 : 39平方メートル

 ・天井高さ:3~5.3メートル

  [特色]
 

 ・城山公園・信濃美術館の玄関口として、信濃美術館の情報発信の場とバス・タクシー乗場、公衆トイレを一体化した施設

 ・日常的な休憩や交流の場となるようポケットパーク的な設え

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部文化政策課信濃美術館整備室

電話番号:026-235-7283

ファックス:026-235-7284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)