ホーム > 佐久建設事務所 > 注目情報 > 古谷ダム・余地ダムで日本酒の貯蔵実験を開始します

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

佐久建設事務所

古谷ダム・余地ダムで日本酒の貯蔵実験を開始します。

 長野県では、近年高まっているダム人気を背景に、ダムを観光資源として活用する地域活性化策に取り組んでいます。

 この一環として、佐久地域の酒造会社有志が立ち上げた「佐久 SAKE Aging研究会」が、佐久建設事務所の管理する県営古谷ダム・余地ダムにおいて、日本酒の貯蔵実験・研究を開始します。

 詳細はこちらをご覧ください。

プレスリリース資料(H31年3月27日発表)(PDF:389KB

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県佐久建設事務所維持管理課

担当者名:管理係 井出 毅

長野県佐久市臼田2015

電話番号:0267-82-8271

ファックス番号:0267-82-7400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?